さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

ありがとう、キハ222

hujiminasi

キハ222・・・。北海道の羽幌炭鉱鉄道の廃止に伴い、当時の茨城交通が購入した3両のうちの1両である。国鉄のキハ22と同系の車両としては、やはりひたちなか海浜鉄道にいるキハ2004、2005の2両と同じだ。全国でもキハ22の生き残りはこの3両が存在するだけである。
このキハ222は運転席の窓に雪対策の旋回窓が採用されたのが特徴だ。

自分が学生の頃に北海道を旅した時、北海道の気動車の主力はタラコ色のキハ22であった。たまにキハ40が来たこともあったけど、ほとんどがキハ22だった。そんな思い出深い形式のキハ22だけに初めてここで見て、乗った時は実に感慨深いものがあった。二重窓やデッキは既に撤去されているが、その痕跡は残っている。

自分が学生の頃に主力だったわけなんで、老朽化はしかたのない事で、このキハ222も定期運用から離脱する。走り始めて半世紀、本当にここまでよく走ったなぁと思う。正にアラフィフの星である(笑)

この日は、定期運用離脱という事でイベントが実施され、沿線にはたくさんの人が集まった。
正式に引退が発表されたわけではないので、奇跡でも起きないものか、そんな事を結構真剣に考えている自分が妙に可笑しかった。

2014年12月6日 ひたちなか海浜鉄道湊線 那珂湊-殿山

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/10(水) 23:33:11|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜汽車に揺られて・・・ | ホーム | 老雄、月下を往く・・・ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2336-83228a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する