さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

奥久慈の煙・・・

suigun

C61が水郡線を走るって聞いて出撃を考えてはいたが、最近は人の多いところでの撮影が苦手で、ちょっとためらっていた。それでもひたちなかで会った友人が、これから向かうというので、ちょっと怖いもの見たさもあってついていった。

考えてみると、水郡線に蒸気機関車を撮りに来たのはC58が走った時以来だから、もうずいぶんと経ってしまった。向かっている途中や現地では、当時の事を思い出しつつ懐かしい気持ちで一杯であった・・・。

構えたのは住宅地の中の小さな跨線橋。通過1時間前に来たら既に数名の同業者がいた。有名な撮影地ではそれこそものすごい人が集まっていた事を考えるとゆったりまったりとしていたと思う。
通過直前には多くの近所の方々が見物に見えていた。笑い声や子供の泣き声、犬の吠える声が聞こえコンデジで撮った動画にはそれらがすっかり入ってたが、なんかほのぼのとしたとてもいい雰囲気であった。

やってきたシロクイチは、煙のボリュームと言い、色と言い、ものすごい迫力で走ってきた。半逆光の光に照らされ、立体感が出た煙に大満足。同業者も、ご近所の方々もみんな笑顔で蒸機を送っていった・・・。

うん、やっぱり蒸気機関車はいいなぁ・・・。最近は本当に撮らなくなってしまったけど、また追いかけてみるのもいいよなぁ・・・。鈍りまくった撮影感を取り戻すのに時間がかかりそうだけど・・・。

2014年12月7日 水郡線 静-常陸大宮

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/08(月) 23:14:17|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<老雄、月下を往く・・・ | ホーム | 鉄道写真のグループ展に参加します。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2334-187bed9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する