さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

里に下りた紅葉

iwahunekouyou

以前、広島の友人を乗せて真岡から高崎へR50を走った時、友人は「これが関東平野かぁ、山がないよね・・・」そう言っていた事を思い出した。周りに山が迫ってこない広い平野って全国でもそんなにないんだろう。なんか違和感を感じていたようだ。

関東平野も北へ行くと山が迫ってくる。関東平野もこのあたりが端っこなんだろうな・・・そう思う。
11月も終盤になってきて、紅葉も山から里へと下りてきた。山の中の紅葉もいいけど、里の紅葉もいいものだ。

そんな郷を駆け抜ける列車は奇しくも山や里と合わせたような色をしていた。この国鉄色も日本の四季に実に合っているように思う。

2014年11月27日 両毛線 大平下-岩舟

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/11/29(土) 22:53:41|
  2. 両毛線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<柿の実・・・ | ホーム | 晩秋の里を往く・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2330-0ce2300e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する