さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

錦秋の谷を往く・・・

kisibojin

只見線はかつて「燃える只見線」と言われた事がある。紅葉の時期は車窓が燃えるように赤く色づく事からそう言われていたらしい。ただ、最近はどちらかというと黄色っぽくというか、オレンジ色に染まっていく印象が強い。気象状況の変化なのかはわからないが、燃えるような只見線の紅葉を見てみたいと感じる。

それでも赤みがかった夕日に照らされた山はやはり美しい。

今年の紅葉シーズンは終わってしまったが、、また来年、素晴らしい情景を見せてくれる事を楽しみにしている・・・。

2007年11月3日 只見線 会津西方-会津桧原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/11/24(月) 10:24:38|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<未だ日が差さず・・・ | ホーム | 錦秋の第6只見川橋梁>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2326-13cca2f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する