さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

峠に挑む・・・

ikoinomori

峠に挑む!っていってもDCではピンとこないようにも思える。蒸気機関車をはじめとする機関車が喘ぎ登るイメージがあり、気動車はすいすい登っていくイメージがあるのかもしれない。

だけど、この六十里越えの峠の区間で乗車してみると、気動車はエンジンを唸りながらゆっくりとした早さで登っていく。そのエンジンの音を聞くとまさに喘ぐという言葉が似合う。只見から乗っても、大白川から乗っても同じ。険しく厳しい峠道だ。
喘ぐように登っていく気動車はある位置で唸りを止め、アイドリング状態となる。サミットを越えたのだ。サミットは長い国境の六十里トンネルの中である。

この六十里峠の会越国境越えの鉄路の開通、つまり只見線の全通は1971年、昭和46年の事で、比較的新しい。当時の情勢からしてこのローカル線の新規開通は珍しい事だったんだと思う。
実はこの時の新聞の記事、なんとなくうっすらと覚えている。写真は田子倉のコンクリート橋を走るDE10の単機だったように思う。どういう気持ちで見たのかは定かではないがそんな記憶があるんだから結構インパクトがあったんだと思う。
その後、というかつい最近だが、NHKの新日本紀行のアーカイブスで只見線開通の時のを放映したことがあった。その時の映像もなんとなく見たような記憶があった。なんとなくだけど、当時ニュースとかで見ていたのかもしれない。
そして、只見線全通に田中角栄が関与していた事を知ったのは、本当につい最近の事だった。

そんなちょっとした歴史を思いながら乗ったり撮ったりするのも楽しいものだ。そうやって沿線の地域なんかも好きになっていく・・・。それこそがローカル線撮影の楽しみであると思っている・・・。

錦秋の国境の峠を越える国鉄色の気動車・・・。小さくしか映っていないけど、紅葉の山肌の中、ひときわ映えているように見えた・・・。

2014年10月25日 只見線 只見-大白川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/10/29(水) 21:12:01|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬の気配・・・ | ホーム | 錦秋の会越国境を往く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2320-4a8f3b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する