さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

落陽・・・

kokaigawarakuyou


晴れた日ではあったが、前日や前々日よりも若干もやっているような空だった。夕日をまん丸く撮るならこれくらいがいい。空気がメチャ澄んでいるとかえって日が強くなってしまう。光が弱くなりススキの輝きもちょっと薄れるけどいいか・・・

そんなイメージで構えていた。太陽が低くなってくると太陽の輪郭が見えるようにまんまるくなってくる。その位置を見越して構えた。珍しくうまくいくかなぁって思っていた。だいたいそう思っているとろくなことがない。そう、太陽が下がってくると今まで目立たなかったものが見えてきた・・・
「あっ、雲・・・」西の空にないと思っていた雲が太陽の下にしっかりとある。それもすぐ下。
遠く北山駅には列車が来ている。ただこの長い直線は意外と時間がかかる。地平線に近づくと太陽が落ちる速さは一気に加速する。太陽と列車のレースのようにドギマギするが、結局太陽、いや地球の自転の方が早かったようだ。まんまるの太陽は半分雲にかかり、淡く輝いていたススキも光を失ってしまった・・・。
あ~あ・・・。いつもの事とは思いつつ、やっぱり落胆するものである・・・。

それでも芳賀路の夕景は素晴らしい。うまく言えないが、この空気感が堪らないんだ・・・。
「また来ればいいよ・・・」芳賀路の神様にそういわれた気がした。神様に与えられた宿題なんだろうな・・・。ふと、そう思った・・・。

2014年10月19日 真岡鉄道 北山-益子

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/10/21(火) 21:25:15|
  2. コットンウェイ真岡鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<飯豊冠雪 | ホーム | 芳賀路夕景>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2315-5e839c99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する