さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

稲刈りを見つめて・・・

iidumeinekari

津軽鉄道沿線に着くと、岩木山は雲に隠れてしまった。自分はどうも津鉄沿線においては、岩木山にかなり嫌われているようだ。五能線や弘南線では結構その姿を見せてくれるのだが、この沿線に着くと本当に縁がなくなる。

それでも沿線の光景を楽しみながら彷徨った。大部分の場所で稲刈りが終わっておりすっかりと刈り田の風景になっていた。それでもいくつかの田圃ではそれこそ追い込みをかけるかのように稲刈りが行われていた。
津軽平野は広いからか、田圃の区画も大きいように思う。だからか、ちょっと残っているといっても結構広いようだ。ちょっと線路から離れたところに車を止めてカメラを片手に稲刈りの風景を見つめていた。すると自分の前に1台の軽トラが止まる。
「なんか、撮ってるのか?」開いている車の窓からそう話しかけてきた。人懐こい優しい笑顔のおじいさんといった感じだ。
「津軽鉄道を撮りに来たんです。稲刈りやってるから一緒に撮りたいと思って・・・」
「そうか、どっから撮りにきたんだ?」「千葉です」「え?千葉?遠くから来なさったなぁ」なんか驚いたような目で見つめられた。
「そうか、津軽鉄道撮りに来たんか、いいな、いいよ、すごくいいよ・・・。稲刈りと撮るのか、うん、いいよいいなぁ」
とにかくやたらといいよ、いいなと言いいつつくしゃくしゃの笑顔を見せてくれた。
「いいの撮ってな、じゃ」そう言って軽トラは砂利道を土埃を立てながら去って行った。

なんかたいした事でもないんだろうけど、なぜかとてもいい気持ちになった。地元の方にそうして迎えられた事が、岩木山に隠れられた残念な気持ちを吹き飛ばしてくれたようだ・・・。

ローカル線を撮っていると、まずその路線や車両を好きになる。そうしていると沿線の風土や歳時が好きになって、そして沿線の人々が好きになっていく・・・。前日の呑み屋の夜の事と併せて、また少し津軽が好きになったように思えた・・・。

2014年10月5日 津軽鉄道 毘沙門-津軽飯詰

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/10/08(水) 22:37:22|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<夕雲燃ゆ・・・ | ホーム | りんごの実が実る頃・・・>>

コメント

はじめまして、こんにちは。

津軽は良い所ですよね。
特に、人柄が良い様に感じます。そんな津軽に惚れて私も、津軽鉄道には良く行きます。

10月5日、この日も居ましたが日中は沿線の地域のイベントに参加していました。

いつか、津軽鉄道でお会いできたら良いですね。
  1. 2014/10/08(水) 23:10:01 |
  2. URL |
  3. 津軽の風 #./qA1Ad6
  4. [ 編集]

津軽の風さん、はじめまして。ようこそお越しくださいました。
確かに津軽の方々はとても言い人ばかりと思います。どこで会っても優しく迎えてくれるようで・・・。
次は冬に修行僧のような撮影をしようと思ってます(笑)それこそ人の温かさが身に沁みますね。
是非津軽でお会いできたらと思います。
ありがとうございました。
  1. 2014/10/08(水) 23:21:16 |
  2. URL |
  3. さすらいびと #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2305-32411f7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する