さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

人々の営みの気配

nakagawasairei

只見線は風光明媚で絶景の続く路線だと知られている。そして季節の移ろいがはっきりとしている奥会津では、それこそ四季折々の光景と合わせて素晴らしい情景を醸し出してくれる。
その反面、小さな集落を紡ぐように、時には遠回りをしてそれぞれを繋いでいる。そしてそこにはささやかでも人々の営みがある。生活があり、それぞれに夢や想いがあるはずだ。
だから、人々の営みの気配や、その土地の風土や歳時記を鉄道と絡めて撮りたい・・・。以前から作風にそうした傾向はあったけど、意識してとるようになったのはここ数年の事のように感じる。

「鉄道は多くの人のそれぞれの想いを乗せて、季節の回廊を行くから魅力が尽きないのだ」真島満秀先生の言葉・・・。
無意識のうちにこの言葉を感じながら撮っているのだろうか・・・。

9月初旬、金山町ではそれぞれの地区の神社で、小さいながら祭礼がおこなわれる。盆踊りをやったり、夜店が出たりするわけではないらしいが、地元を見守ってくれる神様に対する感謝なんだろうか・・・。
そんな小さな風土を集落の片隅で見た・・・。

2014年9月7日 只見線 会津中川-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/09/10(水) 23:43:42|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜明け・・・ | ホーム | 豊穣の季節 2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2291-2151ea89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する