さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

津軽旅情

asinotikutei

考えてみると夏と秋津軽を訪れて、未だに岩木山を見た事がない。晴れてはいても、空気の感じなのか薄い雲の仕業なのかどこに岩木山があるのかわからない・・・そんな状況だ。
津軽平野って立ってみると意外と広くてあたりに高い山が見えない分、独立峰の岩木山は正に津軽の象徴の如くそびえたつ。地元の方も誇りに思う光景なんだと感じる・・・。

晴れてるのか曇っているのか、よくわからなかったこの日も岩木山はその姿を見せてはくれなかった。つくづく縁がないのかと思って沿線を彷徨った。岩木山が見えなくても沿線はやっぱり津軽の雰囲気が漂う。それがなんなのか、どんな感じなのか言葉でうまく説明ができないのだが、ひとちでその光景に向き合って「つがる・・・」って呟いてみると、その言葉がスーッとなじんでいくように吸い込まれていく・・・。そんな感じかなぁ・・・。

そんな津軽の空気を思い切り感じて待っていると、客車列車がやってきた。ロッド式の機関車の「カランカラン」という音があたりに心地よく響いていく。その音もまた津軽の旅情なんだ・・・。そう思った。

2013年8月6日 津軽鉄道 川倉-芦野公園

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/24(日) 21:51:34|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野の花と戯れる・・・ | ホーム | 夏の客車列車>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2281-6f4a1fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する