さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

奥会津の集落

dai4hukan

奥会津の集落を見るといつもなんとなくホッとする。
それは赤や青のトタン屋根なのか、それともそれぞれの家の佇まいなのか・・・。
ただ、山間のこの地の中で、いかにも日当たりがいいなと思われる場所にそっと寄り添うようにいるのがそういう気持ちにさせるのだろう。人々の日常の営みを感じさせる奥会津の集落が妙に魅力を感じてきたんだ・・・。

第4只見を俯瞰する場所に立った。以前なら奥の新緑の山肌を入れてもう少しアップで切り取っていただろう。
ふと足元を見て、集落の佇まいを見てアングルを少し下向きにした・・・。
10数年前なら考えられないアングルなんだろうな・・・。それだけ、加齢とともに人恋しくなってきたのかな?
平和な日常がいつまでも続きますように・・・そんなことを考えながら列車を待った・・・。

2014年5月8日 只見線 会津中川-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/05/13(火) 19:53:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<会津のマチュ・ピチュ? | ホーム | 新緑の山を往く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2244-4295f3ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する