さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

霧上の列車

nakaneasagiri

中丸川から湧く霧は9月から10月頃によく見られるという。春にも出ることは出るが、そんなに出る事は少ないと聞いた。
写真展の関係で3日間那珂湊に滞在したが3日とも朝霧の幻想的な光景を見ることができたのは、中丸川の妖精の気まぐれか、それとも我々を歓迎してくれる幻なのか・・・

刻々とその表情が変化していくのは只見川の川霧と同じだ。その表情に一喜一憂しながら列車を待った。
太陽の光と霧の織り成すドラマを見た後、ふとい振り返ってみるとまるで海のように霧が広がっていた。
「千と千尋の神隠し」で見た海を走る列車のように、幻想的で霧の上を走っていくその様は、まるで夢を見ているかのような光景だった・・・。

2014年2月16日 ひたちなか海浜鉄道湊線 中根-金上

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/04/30(水) 01:00:28|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春も後半戦・・・ | ホーム | 会津平の春>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2237-a934ccbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する