さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

北国の春

takadaume

「季節は想う人に似ている。気づかぬ人には忍び足で、すっと通り過ぎていく。だが、時として鋭敏で幸運な人には、繊細で華麗な裸身をあますところなく見せつける・・・」
真島満秀先生の言葉である。この言葉が大好きなのだが、どうも最近は忍び足ですっと通り過ぎられてばかりいるようだ。特に北国の春の変化がまさにそれである。
長い冬から、ほんの少しの春の気配を感じると、花が咲き、芽吹いて山々が笑い、その一瞬をとらえるのに本当に気が抜けない・・・。

首都圏で梅が咲くのは2月、桜は3月終盤から4月。まず梅の便りで春を感じて、だんだんと春めいていくのを実感していくと桜の便りが聞かれる・・・。北へ行くほどその間隔が狭くなって会津とか津軽のあたりでは梅と桜はほぼ同時期に開花する・・・。

北国の春は一気にやってくる。そして一気に進んでいく。まさに劇的・・・。
今年は・・・。そんな春の繊細で華麗な裸身を見る事ができるよう、感覚を研ぎ澄ませていたいものだ・・・。

2013年4月22日 只見線 根岸-会津高田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/04/24(木) 00:28:01|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<会津平の春 | ホーム | 妖しく浮かぶ・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2235-5ee44fc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する