さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

蒸機の逆機運転・・・

isiyama

今、平成の現役蒸機で逆機運転しているところが少なくなってきている。真岡や大井川では新しい転車台が出来て逆機運転は解消された。かつては水郡線や磐越西線ではD51の逆機運転もあったっけ・・・。今、逆機が見られるのは北海道くらいなんだろう。
逆機運転を撮影するなら、サイドからがいいと思っている。昭和の雰囲気をプンプンさせて走る姿が好きだ。ただ、正面からこれを撮ると、なんか黒い鉄の塊が近づいてくる・・・。そんな風に見えてしまうんで敬遠をしているはずなんだけど・・・。
釧網本線での運転、特に川湯温泉への延長運転の時、標茶から先はあまり日kぃが取れる所も少なくてそうも行っていられないし、煙を求めたりして結局石山の踏切に落ち着く事が多かった。遠い直線の先のカーブから姿を見せるとやっぱり黒い鉄の塊・・・。それでもこれでもかとはき出す煙と蒸気、そして蹴散らす雪の迫力に我を忘れる。
結局こんな感じなのだが、これこそ蒸機撮影の醍醐味だ!出来はともかく、石山の踏切で撮るといつも不思議と満足感が一杯になる・・・。

2013年1月27日 釧網本線 美留和-川湯温泉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/02/27(木) 00:46:30|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<頑張れ!由利高原鉄道! | ホーム | 軌道を守る・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2202-7e3ea7f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する