さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

老雄は死なず・・・

bisyamonki100

かつて国鉄で194両製造された事業用貨車(単線用鋼製ラッセル除雪車)のキ100は、今なお現役車両として3両が現存している。3両はすべてが青森県の私鉄で所有されているというのも非常に興味深く感じる。
津軽鉄道のキ101は昭和43年に国鉄から譲渡された。国鉄時代の形式はキ120である。
キ100は現役時代の写真でみると、どれも蒸気機関車に押されている。今は弘南鉄道では凸型電機、津軽鉄道ではDLだが、実際に目の当たりにしてみるとELやDLに押されて運用されるのが不思議としっくりとしていると感じている。もちろん蒸気機関車で運用されるのも見てみたいが、(只見線あたりでC11に押されるシーンも見てみたいけど)やはり現役のオーラを出しているシーンが魅力的なのかな?と感じている。

二条の鉄路を守るべく、雪と闘う機関車と除雪用貨車の姿を見ていると、全身の血が逆流してくるような・・・。そんな感覚に陥ってしまう・・・。

2014年2月2日 津軽鉄道 毘沙門-嘉瀬



実はこれは、あるチャーター運転でのヒトコマなんですが、昭和の時代に実際に運用されていただろうオーラが漂っているように見えた。老雄の輝きは未だ車籍を有する現役車両の輝きでもあるんだと感じた・・・。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/02/08(土) 23:38:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<薄明の時 | ホーム | 蒼い時間に佇む・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2191-73bb98cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する