さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

時間旅行(タイムトラベル)

kawagutitensyadai

蒸気機関車の現役時代を知らない自分だが、只見線の蒸機運行のたびに不思議な気持ちになる。自分がいつの時代にいるのかわからなくなるのである。会津川口駅構内の転車台は現役時代そのままである。ここが整備されて使用できるようになったいきさつについては、非常に複雑な思いもあるがそれでもおそらくあの頃のままであろう光景に不思議な興奮がある。
転車台に乗る為の入れ換え作業・・・。制服の違いとちょっと機関車がきれいすぎるが、こんなシーンは現役時代は普通に見る事ができたんだろうな・・・。そんな事を想いながらファインダーを覗いていると自分が昭和の現役時代にいるような気分になる。
只見川に棲む妖精が連れて行ってくれたんだろうな・・・。不思議な時間旅行(タイムトラベル)だ・・・。

2013年10月29日 只見線 会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/11/11(月) 01:02:42|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬の足音 | ホーム | 白熱灯のぬくもり・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2165-847d1778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する