さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

藁焼きの煙

warayaki

稲刈りが始まった。既に終わった田圃では藁焼きの煙がなびく。
この藁焼きの煙がもくもくと上がっていって大空に浮かぶ雲になる・・・。そんなわけあるはずがないのだが、こうしてこの情景を見てみると、なんとなくそんな風に見えるから不思議だ・・・。

2012年9月11日 ひたちなか海浜鉄道湊線 中根-金上



この写真に写っている古豪キハ222は、エンジンのトラブルから長らく離脱していた。正直言って自分ももうダメなんだろうと思っていた。
しかし、今日(既に昨日か・・・)無事に運用についたようです。再び湊線を走るようにしていただいたひたちなか海浜鉄道の担当者の皆さんの苦労は大変なものだったと思います。ほんとうにありがとうございました。

現存する数少ないキハ22系。羽幌炭鉱鉄道からやってきた222。唯一の旋回窓凛々しいこの車両、どうか末永く湊線を走ってもらいたいものです。写真展の会場としてもお世話になったキハ222の走行シーンに会いにいきたいなと思っています。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/01(火) 00:45:18|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<山並みのグラデーション | ホーム | 黄金の海>>

コメント

もう

なつかしい風景になってしましました。
(吉田)
  1. 2013/10/04(金) 16:59:06 |
  2. URL |
  3. ひたちなか海浜鉄道 #tJ8bLkYs
  4. [ 編集]

吉田社長、こんばんは。
時の経つのは早いですね(笑)
  1. 2013/10/09(水) 20:18:21 |
  2. URL |
  3. さすらいびと #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2142-1cf0d813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する