さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

津軽雨情 2

iidumeeki

雨宿りをしようと集落のはずれにある駅舎に入る。ボーッとしていると遠くに踏切の音が聞こえた。
やがて機関車にひかれた列車が入ってきた。乗降客は誰もいない。短い笛の音がすると列車はゆっくりと走り始めた。そんな光景をなんとなく見つめる旅人・・・。そんなイメージがふと浮かんできた・・・。
そんな事を想わせるのも津軽が醸し出す優しさなんだろうか・・・。

有人駅の頃の面影があちこちに残る素敵な駅・・・。改めて見てみるとここも雨の情景が似合うな・・・と思った。

2013年9月15日 津軽鉄道 津軽飯詰

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/09/19(木) 00:58:57|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<津軽雨情 3 | ホーム | 津軽雨情>>

コメント

おはようございます。
津軽飯詰、懐かしいですね。
15年前の冬、ここで下車してキハ22を撮影した記憶があります。確か交換駅で腕木信号とスノーシェッドがあったような...。
御写真の画面で見る限り、当時と雰囲気は全く変わっていないように思いますが...。

最近思うのですが、デジタルになってから、降ってる時の雨粒がとっても写り込みやすくなりましたよね。
  1. 2013/09/23(月) 08:21:55 |
  2. URL |
  3. 山岡山 #xCEEU8KE
  4. [ 編集]

山岡山さん、おばんです。
飯詰は今は交換駅ではなく、腕木信号もないんですが、スノーシェッドは残っています。駅舎はそんなに変わっていないんじゃないんではないかと思います。いずれにしてもいい雰囲気の駅ですね。

確かにデジタルになってよく写るようになったと感じます。雨粒とか雪の写りこみはいい方に応用できればいいですね。臨場感が違ってきます。
  1. 2013/09/23(月) 21:32:22 |
  2. URL |
  3. さすらいびと #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2133-44eee930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する