さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

会津桧原駅・・・

hinihara

会津桧原駅・・・。只見線の駅の中でも地味な駅だと思う。国道から大きく離れているからか、静かな佇まいが好きな駅だ。国道から離れているとは行っても今の新道が出来るまでは駅前の普通の道が国道だった。この道は集落から離れるとやや谷に下り森の中へ消えていく・・・。かつての国道はここからは廃道となっている。
そんな頃の事の思いを馳せてのんびりと過ごすのがいい。鳥の声と風の音しか聞こえないくらい静かな檜原駅前だ。
自分が只見線に通い出した1999年頃、ホームにはプレハブの待合室があった。古い写真ではこの待合室は木造のいい雰囲気のが立っている。駅舎もあったのだろうか?
今ではちょっとこぎれいな待合室になっているのだが、当初はどうもしっくりいかなかった。それでも今はあたりの風景に溶け込んできているようにも思う。駅前は桐の木が数本あり、畑の隅にはきれいな花が咲いている。駅の入り口の大きな家には風鈴がいくつかぶる下がっていて涼しげに風に鳴っていた。立葵も毎年咲く静かできれいな駅だと思う。

只見線の撮影はこんな感じでのんびりとした時の流れを楽しむのがいい。静かな駅の近くでボーッとして過ごしているとほんの少し心が豊かになったような気がする・・・。

2013年6月27日 只見線 会津桧原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/04(木) 01:00:26|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<絹の絨毯 | ホーム | 透きとおるような空・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2097-4a78b27d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する