さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

花は咲く・・・

bansairinka

今年も3月11日が来ました。あれから2年です。
自宅でテレビを見たりして過ごしていますが、あの時やその後の事が頭の中を巡っていきます。
地震の瞬間、無我夢中で職場を走り回った事、職場から見た市原のガスタンク火災の火柱・・・。
その後のなんともいえない焦燥感・・・。続けていた仕事でもらったお客様からのメールに救われた思い・・・。
様々な事が頭をよぎります。

あれからもう2年なのか、まだ2年なのか、自分でもよくわからないのですが多くの人々の尊い命が失われた事、そしてまだ不自由な生活を余儀なくされている方々が大勢いる事実はあり、より多くの悲しみとか、つらい現実があるわけで、それは厳粛に受け止めなければならないのでしょう・・・。

忘れてはいけない。自分のあの時の思いとか、今の現実とか・・・。
何かの形で携わる事ができたら・・・。そして今も無事に暮らしていける事、命あることの感謝を込めて、決して忘れずに大切に生きていきたい・・・。

写真は絶たれたルートを迂回して被災地へ燃料を運ぶ臨時の貨物列車です。趣味的興味で行った事は確かですが、その姿を目の当たりにすると厳粛な気持ちになりました。シャッターを押した後、手を合わせて感謝の意を込めて、道中の無事を祈ったのを覚えています。


bangeringo

花は咲く

花は咲くプロジェクト
作曲:菅野よう子
作詞︰岩井俊二

真っ白な 雪道に 春風香る
わたしは なつかしい
あの街を 思い出す
叶えたい 夢もあった
変わりたい 自分もいた
今はただ なつかしい
あの人を 思い出す
誰かの歌が聞こえる
誰かを励ましてる
誰かの笑顔が見える
悲しみの向こう側に
花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
わたしは何を残しただろう

夜空の 向こうの 朝の気配に
わたしは なつかしい
あの日々を 思い出す
傷ついて 傷つけて
報われず 泣いたりして
今はただ 愛おしい
あの人を 思い出す
誰かの想いが見える
誰かと結ばれてる
誰かの未来が見える
悲しみの向こう側に
花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
わたしは何を残しただろう

花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
わたしは何を残しただろう

花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
いつか恋する君のために

改めまして東日本大震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、今のまだ不自由な暮らしを強いられている方々が1日も早く平穏な生活に戻りますように・・・。心からお祈り申し上げます。

2013年3月11日 さすらいびと拝

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/11(月) 14:46:00|
  2. さすらいの美学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<あまりにも重い・・・ | ホーム | 信越本線を駈けた・・・>>

コメント

さすらい人さま

石油救援列車、小生も撮影に行きました。
被災地の方々のご苦労を思うと写真撮影などに出かけるのは憚ったのですが、
必死で石油を届けようとする方々の姿を後の世に伝えるためとに、3度ほど撮影して参りました。

さすらい人さまもおっしゃるとおり、列車を見送ると自ずと頭を垂れたことを昨日のことのように思い出します。

  1. 2013/03/12(火) 15:52:41 |
  2. URL |
  3. もんたけ #-
  4. [ 編集]

もんたけさん、おばんです。
自分は1回3日間撮影しました。やはり行くまではかなりの葛藤があったことは確かです。ただ今にして思うと行って記録してよかったと思うようになっています。
鉄道が鉄道としてその使命を全うする姿は実に厳粛な光景であったと思っています。
  1. 2013/03/12(火) 22:33:53 |
  2. URL |
  3. さすらいびと #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2027-c79b81c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する