さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

光と戯れる・・・

nukurigira

蒸機列車が去っていっても自分は抜里を離れなかった。
日はどんどん低くなり、山陰にかかろうかとする頃に上りローカルが抜里駅に到着する。
手前のススキは陰ってしまいギリギリで構図を変更。茶畑には霜防止の扇風機?が多数あり構図とりが難しい。
まぁこれも茶処駿河の風土なんだと思い画面にうまく入るよう処理をする。レールの光具合と前の列車に当たった光からうまくギラりそうな所にローカルの2両が入るように(目分量だが)アングルをちょっと調整し列車を待つ。影が伸びた頃列車は抜里に到着。ほそなく発車した。
加速していく列車が扇風機のポールの間にかかった頃、列車と斜光がうまくマッチングした・・・。
光を読めた。読むことができた・・・。
うまく斜光線と戯れる事ができた、ちょっとした満足感に浸りつつ、仕上げの温泉に向かった・・・。

2012年11月2日 大井川鉄道 抜里-家山

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/10(土) 23:43:41|
  2. 川根路を往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大銀杏 | ホーム | 名残・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1952-ed71e77d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する