FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

故郷の印象

kawakurakayabuki

故郷というものを持たない自分は、ふるさとという言葉にずっと、いや今も憧れている。
子どもの頃から憧れていたのは一面の田圃とか、山だったりどちらかというと海より山のイメージが強かった。
中学生の頃、矢口高雄のおらが村とか釣りバカたちを見ていたからかもしれない・・・。
先日津軽へ行ったとき川倉で構えた時だった。セットしてふと後ろを見ると茅葺き屋根の民家と田圃の佇まいにハッとした。あの築堤の上に客車列車が走ったら・・・。
メインのカメラをセットし直し構図を決める。そして向こうに列車が走り去る・・・。自分が憧れていた風景が広がっていた。

2012年8月8日 津軽鉄道 川倉-芦野公園

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/13(月) 21:40:55|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏空の下・・・ | ホーム | 風を感じて・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1901-44374ebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する