さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

旧型客車の肖像

kyuukyaku

そっと佇んでいるだけでこれだけの風格が出るのは、この客車の持つ歴史なんだろうか・・・。
数々の旅人を乗せて走って染みついた旅情なのか・・・。

思えば少年の頃、あの蒼いシートに包まれて、白熱灯に照らされて揺られていた・・・あの頃の想いが蘇ってくるようだ。

2011年7月24日 只見線 只見

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/25(水) 22:08:04|
  2. さすらいの美学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<機回し | ホーム | 夏はすぐそこ・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1890-ca85b9fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する