FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

夏井川鉄橋を往く

natuigawa

イベント列車が走るとき、混雑していようとお立ち台で撮ろうと思うのは、やっぱり「これぞ只見線!」という所を走っている・・・というのを撮りたいと思うわけで、川口の停車で先行してから真っ先にこの場所が浮かんだ。
小さな鉄橋の下にある民家や田圃、山間の奥会津の集落の良さが凝縮されているところだと思ったからだ。
旧本名小跡は結構混雑していたが、この場所は先行者が1組だったので後ろに立たせてもらった。ここでは、四季折々のローカルや蒸気機関車、マヤ検、いろいろなカットを撮ったのを思い出す。
DE10の牽く旧型客車列車が当たり前のように走っている・・・そんな時代にタイムスリップしたような不思議な感覚を覚えた。

2011年7月23日 只見線 会津川口-本名

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/11(水) 23:11:56|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<真夏の紫陽花 | ホーム | 第3只見川橋梁を往く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1884-d9b266a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する