さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

鮎釣りの夏 2

ayuturi2

鮎の友釣りは特殊な釣りで、縄張り意識の強い鮎の習性を利用し、おとり鮎を泳がせ、攻撃してくる鮎を引っかけるyおうな釣りでsる。釣りに対しては詳しくはないけれどミミズをつけて浮きの動きを見てといったフナくらいしかやったことがない自分でも特殊な釣りであると思う。また、鮎は初夏から秋がシーズンで禁漁期間もあり夏の風物詩の釣りでもあり、被写体として実に魅力を感じる。
短い鮎のシーズンを思い切り楽しむ太公望たちは、季節の風物詩を追い求めて西へ東へ駆け回る自分たちと似た心境なのかな・・・?ふとそんな風に感じた・・・。

国鉄時代の遺稿たるこの鉄橋、堂々たる様に見惚れるばかりだった。かつては蒸気機関車牽引の列車やキハ20系も渡ったんだろうな・・・。そんな事に想いを馳せて川を渡るそよ風に身を任せていた・・・

2011年7月18日 樽見鉄道 木知原-谷汲口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/03(火) 22:33:13|
  2. 中京圏鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<渓谷を往く | ホーム | 鮎釣りの夏>>

コメント

こんばんは
川面に近いローアングルからの素敵な1枚ですね。
鮎釣りのおじさんの配置や動きのタイミングづかみも見事だと思いました。
さすがですね!
  1. 2012/07/05(木) 21:51:06 |
  2. URL |
  3. MJK #7rCFtE8k
  4. [ 編集]

MJKさん、おばんです。
実はこの釣り人は、直前まで悠々と川に立って釣っていたのですが、急におとり鮎を交換しだしたんです。まぁ結果オーライなんですが立って釣っているシーンもよかったです。(笑)
動きが読めない分、まさに運ですね。
  1. 2012/07/06(金) 23:25:36 |
  2. URL |
  3. さすらいびと #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/06/02(月) 12:58:13 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1878-e8ee8e02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する