さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

奥会津蒸憬・春 新緑から深緑へ

dai1

第1只見川橋梁は前後がトンネルなので、いきなり列車がやってくる。列車の姿が見えると檜原の踏切がなりだす。静寂の三島谷が汽車の渡る通過音やドラフト音が谷を木霊し、渡りきるとまた静寂が訪れる。
しばらくしてトンネルを抜けると檜原までの上り坂を登る音がまた聞こえる。姿は見えないが谷に木霊する音を聞きながら機材の撤収・・・。蒸機撮影の醍醐味だなぁ・・・。

木々の緑が少し濃くなったようだ。深緑の木々が少しずつ深い色になっていく。新緑から深緑へ・・・。
駆け足のように季節が巡って行く・・・。

2011年5月18日 只見線 会津西方-会津桧原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/04(月) 20:53:49|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奥会津蒸憬・春 菜の花畑 | ホーム | 奥会津蒸憬・春 宮下の街を見下ろして・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1853-eb8f8cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する