FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

静まりかえった駅にて・・・

kawadayoru

あと2日、3月31日で90年の歴史に終止符をうつ長野電鉄屋代線。
温泉に入り暗くなってからふと信濃川田に立ち寄った。誰もいない、静まりかえった駅舎内には地元の小学生達が書いたであろう絵やメッセージが一杯貼ってあった。それを見て、鉄道が無くなるという寂しさが湧いてきた。

今の時勢では、地方の小鉄道が生き残るのはとても厳しいものだろう。正直、地方での鉄道の使命は終わったというのも理解できる。でも、鉄道を愛する者として、鉄路がなくなる寂しさ、空しさが心の中で響いてくる。シーンという音が聞こえてくるような静寂の中様々な絵をじっと見つめていた。
開業以来の駅舎は屋代線、いや河東線の歴史をじっと見てきたはずだ。戦時中は空襲も受けたという。歴史のある駅舎に抱かれてただただぼーっと過ごしていた。
やがて遠くで踏切が鳴った。時刻表を見ると屋代行がやってくる。
ホームに出てその光景を見つめる。いつもと同じように数名の乗客を降ろして列車は発車していった。
さよならのヘッドマークがついていた事だけが、日常のそれとは違っていた・・・。

2012年3月27日 長野電鉄屋代線 信濃川田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/29(木) 22:58:22|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<松代駅の夜 | ホーム | 麗らかな陽気に誘われて>>

コメント

寂しい

長野電鉄屋代線が廃止になるのですね。
小学生の描いた明るい絵が返って寂しさを感じますね。
独り、深夜の駅に佇むさすらいびとさんが見えるようです。
確か銀河鉄道の最終日にもいらっしゃいましたね。
駅が、線路が無くなる…風景もみんな変わってしまいますね。
現実は厳しいです。

先日、神戸の画廊に「鉄道物語」展、見に行ってきました。
長根先生の作品の中に、真島先生を感じました。
  1. 2012/03/30(金) 11:29:11 |
  2. URL |
  3. cocoon #l18yNLao
  4. [ 編集]

cocoonさん、おばんです。
屋代線、昨日最後を迎えました。この日の寂しさからかまた日帰りで送ってきたんです・・・。いい歳こいてなにやってるんでしょうね・・・。鉄道がなくなるって本当に寂しくてむなしくて、でもなんか立ち会いたいという気持ちもあって、不思議な気持ちです。
風景とかも変わるけど、なにより時刻表から駅というか街も消える・・・。それって凄く寂しいことだと思います。

首の写真集展、行かれたんですね。長根さんは真島先生らしい素晴らしい写真を撮られます。とても気さくで素敵な方です。
  1. 2012/04/01(日) 23:51:14 |
  2. URL |
  3. さすらいびと #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1802-c8d57222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する