さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

川間の夕景

kawamayuugata

小湊鉄道を撮影していると、上総川間で締める事が多いのは、ここの夕景の素晴らしさに惹かれての事だと思う。田圃の真ん中にぽつんとある小さな駅は四季折々の情景を見せてくれる。その光景が茜色に染まる様は本当に素晴らしいと感じる。夕暮れの静かなひととき、列車待ちの間は犬の散歩の人が多く一言二言の会話がいつも癒してくれる。
夕焼け小焼けで日が暮れて、山のお寺の鐘がなる・・・♪
なんとなくそんな唄を口ずさんでしまう自分に気がつく。さぁ、カラスと一緒に帰りましょう・・・

2012年2月4日 小湊鉄道 上総川間

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/14(火) 22:33:30|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<平磯の集落を臨む | ホーム | 朝陽に向かって>>

コメント

同感です。

まいどです。
「夕日は川間につきる」の格言もありますので(笑)。
某泉プロに初めてあったのも夕焼けの川間でした。
  1. 2012/02/15(水) 21:59:11 |
  2. URL |
  3. zin #-
  4. [ 編集]

zinさん、おばんです。
ここの夕陽は四季折々、色々な表情になりますね。西の方が開けてますし・・・。
某泉プロですか・・・。自分が泉プロとzinさんが談笑指定おるのを見たのは東総元でした(笑)
  1. 2012/02/15(水) 22:11:59 |
  2. URL |
  3. さすらいびと #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1780-bba3e7c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する