FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

五能線旅情4

todoroki

驫木駅・・・。旅や鉄道に興味のある人なら知っているんではないかな?と思う、ある意味五能線で一番有名な駅かもしれない。日本海に一番近い駅というのは、ホームのすぐ下の青海川に譲るとしても、日本海をすぐ前に臨む駅だ。小さな駅舎と短い一面のホームだけの駅・・・。
確か7年前にも来ているが、その時はまだバイパスが工事中だったが、新しく出来たバイパスから撮ると日本海も入りなかなかいい感じだ。もっともそこらかしこに張り巡らされた電線の為にちょっとアングルは限定されるが・・・。そんな駅に1時間半くらいいただろうか、相変わらずうなるような波と風の音を聞きながらホームに佇む。冷たくそして痛いので5分もいれば駅舎に逃げ込むのだが、駅舎内も何もなく、がらーんとした待合室だった。それでもこの場所で冬の日本海を感じていた・・・。
そんな風の中でも列車は定刻に到着した。たまに強風の為遅延とか、運休というダイヤ情報メールが来るけどそんなときっていったいどんだけなんだろう・・・。確かに海は見た感じ白波もあまりたっていないように感じたが・・・。
この列車、よく見ると18キッパーが少々乗っているが、それでも2人降車した。あっと思うまもなく駅舎に入るでもなくやや早足で旧道を集落の方向に消えていった。こういう駅でもやっぱり人が似合う。地元の方が利用しているという事にホッとする。当たり前の日常の光景がこの1時間半に冷やされた身体がほんの少し温かくなったように感じた。

2012年1月6日 五能線 驫木

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/13(金) 23:03:30|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<五能線旅情5 | ホーム | 五能線旅情 3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1757-1496cc48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する