FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

屋代駅の事

長電の屋代駅は、しなの鉄道の駅の片隅にひっそりとあるが、おそらく最盛期であったろう時期と同じ佇まいを見せている。2線のうちの1線を使用していないので柵ができている程度だろう・・・。
木造の跨線橋を渡ると昭和にタイムスリップしたような錯覚に陥る。木の柱や屋根、待合室・・・とにかく時間がここでは止まっているようだった・・・。
かつてはこの駅で上野からの急行が切り離され、湯田中まで乗り入れていた。国鉄の急行型がここから乗り入れていた・・・。そんな時期が信じられないくらいひっそりとしてはいるが・・・。

yasiro

2011年10月30日 長野電鉄屋代線 屋代




かつてはこういった光景も見られたんでしょうか・・・

sysiroibento

同日に行われた、屋代駅での撮影会での一コマです・・・。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/09(水) 17:35:29|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<金葉の頃 | ホーム | 静かに流れる時間(とき)>>

コメント

国鉄時代は・・・

こんばんは

国鉄時代に急行『妙高』『志賀』が上野を出て屋代で切り離して志賀は湯田中へ行ってました!
  1. 2011/11/09(水) 20:15:37 |
  2. URL |
  3. tass #xAP1e9ts
  4. [ 編集]

tassさん、おばんです。
そうなんですよね。自分は時刻表で眺めていただけなんですが、こうしてみると実際に見てみたかったです。駅はそんな頃の風格がありますよ!
  1. 2011/11/10(木) 19:41:13 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@さすらいびと #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1706-da903631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する