FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

阿字ヶ浦の事

2004ajigaura

今回の写真展での滞在中の宿は阿字ヶ浦の民宿でした。
今年の夏、阿字ヶ浦の海水浴客は前年の約8割減と聞きます。確かにお盆明けで海水浴シーズンは終わったとはいうものの8月の金土と宿泊客は我々だけでした。そんな事もあって宿泊は勝田ではなく阿字ヶ浦にしたんだと湊線応援団のFさんに言われ妙に納得したものでした。
18日の夜、もうすっかり夜の帳がおりた阿字ヶ浦に着き、ちょっと道に迷った末に宿に着きました。他のメンバーは当日のビール列車からまだ戻っていません。素泊まりなもので近くの店の場所を聞くと、真っ暗な神社の向こうにあるという事で、民宿の親父さんが途中までついてきてくれました。結局その店は休みであたりは真っ暗。駅に着いた列車を見つつ宿に戻ると同行者が到着。一緒に来るまで近くのセブンイレブンで買い出しをしてふたりで食事をしていました。ほどなく他のメンバーもいい気分で帰着。宿でビールを頼み軽く写真談義なんかしていました。静かな阿字ヶ浦の夜はゆっくりと更けていきました。
結局3日お世話になったのですが、民宿でみんなで泊まるのはまるで合宿のようで楽しく過ごす事ができました。
民宿の親父さんは世話好きでとてもいい方で色々お世話になっただけでなく、写真展に毎日のように来て頂き、写真も買っていただいたりしました。また20日の親睦会にも来ていただき宿泊費以上に赤字になってしまわないか心配になってしまうほど・・・。きっと阿字ヶ浦の人々はそんな方々ばっかりなんでしょう・・・。

阿字ヶ浦の駅はバリアフリーの工事が施されており、以前のような雰囲気ではなくなってしまっています。でも、利用者の立場にたってみるとそれは必要なわけで、我々のような旅人の感傷なんですね。昭和を再現するようなカットは撮れないかもしれませんが、今の姿、現代のローカル線を撮るという気持ちで撮影していこうとも思いました。

ajigauraasa

やっぱり茨城県だからアントラーズなんでしょうね・・・。

上:2011年8月20日
下:2011年8月19日 いずれも ひたちなか海浜鉄道 阿字ヶ浦

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/27(土) 23:33:57|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<夏の終わり・・・ | ホーム | キハ20に抱かれて・・・>>

コメント

阿字ヶ浦

来年までには元気になってもらわないといけません。
実態の不確かな風評などに負けていられません。
(吉田)
  1. 2011/08/28(日) 10:58:18 |
  2. URL |
  3. ひたちなか海浜鉄道 #tJ8bLkYs
  4. [ 編集]

吉田社長、おばんです。
まず、湊線が元気になって、沿線が元気になっていく・・・。また阿字ヶ浦に泊まって少しでもお役に立ちたいと思っております。
  1. 2011/08/29(月) 23:49:49 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@さすらいびと  #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1666-8e8deb15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する