さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

川霧点景 11

dai52006

暮れゆく金山谷、川霧が少しずつ上がっていく中列車が通過していく。
あまり上がりすぎると列車の運行も大変だという。

2006年7月8日 只見線 本名-会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/11(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<川霧点景 12 | ホーム | 川霧点景 10>>

コメント

おはようございます。

同じ場所で同じもの撮ってもカメラの違いってあるものですね。
銀塩と違ってデジタルはそれが如実に表れているようです。
  1. 2011/07/12(火) 08:28:51 |
  2. URL |
  3. 高崎 吾郎 #-
  4. [ 編集]

高崎吾郎さん、おばんです。
そうそうご一緒させていただいた時ですね。
デジタルは個体での差が如実にでてきますね。銀塩だとせいじフィルムの違いくらいでしょうし。
又RAWで撮るとその後の処理でも好みとか出てくるし・・・。そういった個性がおもしろいと思います。
  1. 2011/07/12(火) 23:12:08 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@さすらいびと #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

霧が上がりすぎると運転も大変ですが
撮影できなくなるのがもっと大変です。
ずっと待っていて、いざっという時に
霧で橋が隠れてしまったらダイナシです。
そういう意味でも素晴らしい写真だと思います。
  1. 2011/07/13(水) 12:02:28 |
  2. URL |
  3. 北の素人写真家 #a0sODczs
  4. [ 編集]

北の素人写真家さん、おばんです。
その上がりすぎっていうのは何回も経験済みで、音だけ聞いておしまいってのは数知れずです・・・。
川霧って動きが速いんですよ。だから通過直前までひやひやです。まれにその逆もあるんですが・・・
  1. 2011/07/13(水) 23:12:55 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@さすらいびと #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1636-c5e35011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する