さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

真島桜・・・

nisitanmi

まだ早春の趣の只見から金山へ降りてくると、桜咲く春になる。
ここの桜は、確か鉄道ファン誌のフジクロームのギャラリーで真島先生が題材にした桜。後追いのローカルが走り去るときに桜吹雪が舞うという素晴らしいカットだった。以来仲間内で「真島桜」と勝手に呼んでいたが、現在までにそのカットと同じようなシチュエーションにあった事がないばかりか、満開近い写真もこれだけ。相性が悪いのか、どうも素晴らしい光景と休暇が合わないのだ。

いつの日か、自分もこの桜で桜吹雪を・・・。そう思ってかなり立ってしまったが、いまだに葉桜かつぼみばっかりなんだなぁ・・・

2006年5月6日 只見線 本名-会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/05/06(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桜雨情 | ホーム | 泳がぬ鯉のぼり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1566-24cc370f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する