さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

中里の入換

tamu

津鉄で混合列車を走らせる時、必ずタムは最後尾になる。80周年の時、下りが最後尾にタムが連結されていたんで、上りは機関車の次位にくると思って待っていたらまた最後尾で撃沈・・・なんてのもあった。ただ、どうやって編成を変えているのか?中里で交換を眺めているとなぞは解けた。何回も機関車が忙しそうに貨車や客車をいったりきたり。約15分、踏み切りは下がりっぱなし。沿線の方には迷惑を掛けているが、その間鳴りっ放しの踏切はゴング式。心地よい音を聞きながらの撮影はとても楽しかった・・・。

車掌さんと運転士さんの息もぴったりの入換。とても魅力ある鉄道情景だ・・・。

2010年9月 津軽鉄道 津軽中里

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/05(火) 21:00:00|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<連携プレー | ホーム | 津軽の風に吹かれて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1358-35fb24a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する