FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

輝く川霧

dai22006

朝日が川霧にあたると、その輝きは眩しいくらいに美しい。気温が上がらないうちになんとか列車が通過することを祈りつつ待った。正に輝くミルキーウェイ。そのコントラストが夏の朝を演出した。

2006年7月 只見線 会津宮下-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/06(火) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<絹の舞い | ホーム | 夏空の下>>

コメント

  梅雨らしい毎日ですね。
先日、おふくろで「花が無いね~」とぼやいていたのは確かに私です(笑)でも、無かったのではなく、合歓の木みたいに見つけられなかった、己の観察眼の無さかもしれません。
 流石に川霧は運とタイミングも必要かな?それでも川のゴミとか水面の色が今ひとつの時に、これ程効果的な背景になる気象現象だとは思いませんでした。酒呑童子さんが今頃よく通う理由を身も持って体験できました。感謝!!
 
  1. 2010/07/06(火) 23:21:56 |
  2. URL |
  3. kokubu #-
  4. [ 編集]

kokubuさん、おばんです。
やはりそうだったんですね。で、自分も見つけるときは偶然ってパターンが多いですね。でも見つけたら毎年チェックはするようにしていますが・・・
川霧よかったですか?自分も先日出かけてきました。大雨でカフェオレ状態の只見川を見事に隠してくれました。隠し切れないのもありましたが・・・
  1. 2010/07/09(金) 23:30:15 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子 #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1266-c887278d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する