さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

鳥海山を望む 2

maegoutyoukai

確かこのあたり・・・。知人に教わったのはこのあたり・・・。前日は素通りしたこの場所はこんなビューポイントだったのか!ちょっと苦笑いして三脚をセットした。山頂付近は雲というか風の通り道なのか帯のように続いていて時折山頂を隠したりする。やきもきしつつ列車を待つと山頂の雲がすーっと流れていった。青空バックではないけど贅沢はいえないな。このままでいてくれ!祈るような気持ちで待つと久保田駅を発車するタイフォンが聞こえた。わずか数分。でもとても長く、永遠のような気がした・・・。

2010年5月30日 由利高原鉄道鳥海山ろく線 久保田-前郷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/02(水) 21:00:00|
  2. 由利高原鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<鳥海山夕景 | ホーム | 鳥海山を望む>>

コメント

お疲れさま

おばんです。
良いお天気になって良かったですね(*^^)v

名山バックって簡単そうですがそう易々と撮らせてはもらえないものですが初挑戦2日目でこの収穫は満足でゃないでしょうか?
自分も行ってみたくなってしまいました。。おそい?
  1. 2010/06/02(水) 23:03:41 |
  2. URL |
  3. ぷらど #..RNbF.E
  4. [ 編集]

水田、鳥海残雪は例年だと5月中旬までですけど、今年は居残り寒気で長く楽しめましたね。その分、秋の収穫が心配ではありますが…。自分も5年前に初訪問した時、それは素晴らしい情景に出会ってしまい、以後、本荘通いが始まりました。それが、由利の手口かもしれません、また来いよって(笑)。
今年は百合の成長が遅いので、たぶんですが、今月中旬頃には由利鉄+百合の花+鳥海山の暗刻が見れますよ。
  1. 2010/06/03(木) 00:43:20 |
  2. URL |
  3. zin #-
  4. [ 編集]

おばんです。コメントありがとうございます。
>ぷらどさん
その節はありがとうございます。鳥海が全く見えずどこにあるのかわからない状況でした。助かりました。確かに運がよかったです。まさかここまでとは思いませんでした。また是非行きたいです。羽後本荘で一杯やりましょうか?

>zinさん
今年はラッキーだったようですね。ここはzinさんのHPにも影響されましたよ。いいなぁって・・・。
で、どうやら自分もその由利の手口に嵌ってしまったようです。羽後本荘の呑み屋さんとともにね。
百合は話にはききました。是非!と思うのですが日程がねぇ。とにかく遠いです(泣)
  1. 2010/06/04(金) 20:49:26 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@どしろ~と #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1232-94accea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する