さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

腕木式信号

kurikomahassya

くりはら田園鉄道が廃止され、小坂精錬も終り、あと腕木式信号が残っているのは津軽鉄道と福島臨海鉄道くらいだろうか・・・。運転業務でテコで信号を変えるその動作に感激したものだ。
日本の古きよき鉄道情景が消えていく・・・。それは時代の流れとわかっているものの、やはり歳なのかそういったものに心惹かれていく自分に気がつく・・・。

2006年3月21日 くりはら田園鉄道 栗駒付近

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/21(日) 21:00:00|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<貨物列車走る・・・ | ホーム | 朝日を浴びて>>

コメント

 こんにちは。会津、置賜、栗駒と早春の東北シリーズですね。北国の今頃は晴れると本当に光り目映く心まで浮き立ってしまいます。
 そこに在るのが当然と思っていた情景が、いつの間にか変化し消えてゆく。私も若い頃とは違った、何か胸の締め付けられるような感慨を覚えることがあります。結構、辛いです。
 でも、真島先生の作品集の言葉「もし、列車がたくさんの人を乗せていくものでなかったら・・・」と同じ思いが自分の中にある限り、鉄道と日本の風景を見つめていきたいと思うこの頃・・・
  1. 2010/03/22(月) 11:01:23 |
  2. URL |
  3. kokubu #-
  4. [ 編集]

kokubuさん、おばんです。
気がつくと・・・ってのも多いですね。ここも距離を言い訳にしてあまり通わなかった事が悔いが残っています。胸が締めつけられるような感慨・・・うまくいえませんがわかるような気がします。
真島先生の有名な言葉ですね。自分もそう思います。少なくとも今の自分は同じ思いが心の中に一杯ありますから・・・
  1. 2010/03/23(火) 23:23:20 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子 #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/1158-f6ac8c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する