FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

錦秋の谷を往く

kyuukouiro

「燃える只見線」と言われていたくらい奥会津の紅葉は赤く色づいていたが、いつの頃から赤というより黄とか茶になってきたように思うのは気象変動の影響が出てきたのだろうか・・・。

それでも山粧う頃を迎えるとやっぱりわくわくしてくるのは紅葉を愛でる日本人のDNAが息づいているからなのだろう。
奥会津の紅葉はまだこれからではあるがだいぶ色づいてきているようであとは天気だけ・・・といったところなのかもしれない・・・。

キハE120に置き換わって初めての秋・・・
錦秋の谷を往くキハE120はどんな情景を見せてくれるのだろう・・・。

いろいろ思う所もあるのだが、今を撮る事。じっくりと向き合う事・・・。
そう言う気持ちを大切にこの秋を見つめていきたいと思っている・・・

2003年11月 只見線 会津桧原-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/10/30(金) 00:19:28|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車輛は変われど・・・

tagokuragv

ぼちぼち田子倉の紅葉が見ごろかな・・・
そう思って出かけてみると高い所は見頃だけど、線路や道路のところまで下がったところはまだ緑が残っていて・・・

まぁ贅沢は言えないか、十分見頃だよね・・・そう思って紅葉を愛でてはみたがいかんせんお約束のような週末の天気の悪さでおそらく魅力の半分も見えていないよなって感じであった。

山から下りて晴れてきたんで再び田子倉へ行ったがいやがらせのような雲の流れにあっさり撃沈した感があった・・・。

それでも山粧う秋は確実に郷まで下りてくる季節になった・・・

この日は臨時列車が走ったが昨年までの国鉄色のキハ40ではなく、新型のGV400形であった。
昨年はこの瓦にもたくさんの人が集まったのだが、今年は往路はふたり、この復路は自分ひとりであった。
車輛は変われど、あたりの風景は変わらないのに・・・
峠を越える只見線のロケは同じなのに・・・
少し寂しさを感じつつ独り占めの光景を楽しんでいた。

それにしても、ごくごく薄日の中でもこれだけギラとは・・・(笑)

2020年10月24日 只見線 只見-大白川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/10/29(木) 00:27:39|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寄り添うように・・・

byouseuekara

赤や青のトタン屋根の下にはおそらく茅葺の屋根があるはずだ。
これって会津特有の佇まいかとも思ったが越後の阿賀町で見られた光景だ。
思えばこの集落の佇まいに魅せられたてから随分経つのだがこうして鳥の目線で見るのは初めてだった。
今まで眺めていた集落とはまた違った印象だったのだが、それぞれの家がなんか寄り添うように建っているのもなんとなく会津の集落を思い起こさせる。阿賀野川は会津平を縦断してくるし、途中で只見川も合流する。そんなつながりで風土や文化も似てくるのであろうか・・・。
こうしてこの集落を眺めていると自分自身が昭和の時代にタイムスリップしたような不思議な気持ちになる。
そんな郷愁感を思いおこさせる懐かしい風景にはやっぱり蒸気機関車が良く似合う・・・

2020年10月4日 磐越西線 鹿瀬-日出谷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/10/28(水) 00:27:17|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真展に参加します。

tikara

不肖さすらいびとが末席に参加させていただいているRailway Graphic D.E.F.の第7回の写真展が11月に行われます。
実はこの写真展、今年の3月に行われる予定でしたが、コロナ禍により5月に延期。当時は5月なら大丈夫だろうと思っていたのですが、ここもあえなく撃沈・・・。
そして会場のアイデムフォトギャラリーシリウスのご厚意もあり、11月19日~25日(22日日曜日は休館)で行われる運びとなりました。正に3度目の正直・・・。もしかして2度ある事は3度ある・・・かもしれませんが、今現在は前向きに捉えています(笑)

今回のテーマは「力(ちから)」です。
このテーマ、自分の作風とはなんか真逆のような気がして一時は今回の出店を諦めようとも思いました。しかし仲間たちからと何回か集まって話し合い又メンバーの写真を見たりして自分なりの「力(ちから)」をなんとか表せたのではないかとも思いました。
悩んで語り合って考えて・・・
そうやってメンバーと作り上げた写真展で思い入れもあっただけにコロナ禍での延期は本当に凹みました。
それでもいろいろな方の尽力もありなんとか皆さんとお会いできる・・・。そんな思いです。

コロナ禍でまだまだ不自由で閉塞感がある今だからこそご覧になって頂きたいです。

自分の在廊日はまだ未定ですが、11/21、23は在廊しようと思っております。

より多くの方との出会いを求めて・・・

会場でお会いできる事を楽しみにしております。



以下公式FBページより引用・・・

【開催日延期だった写真展の日程が決まりました!】
3月、5月とコロナ禍によって2度も中止となりましたが、満を持して11月19日〜25日で開催の運びとなりました。
コロナ対策も万全に、準備を進めていきたいと思います。
今回のテーマは「力(ちから)」です。
鉄道は人が動かすもの。
私たちが普段目にする運転士、車掌、駅係員から、保線、整備、輸送指令などの裏方まで、多くの「力(ちから)」が結集して鉄道の安全は守られています。
鉄道は人が支えるもの。
ローカル輸送は旅客量が伸び悩んでいますが、ボランティアや応援団などの地域の「力(ちから)」で支えられている路線もあります。
そして近年は鉄道貨物が、鉄道本来の強みである輸送力や環境負荷の低さから見直されています。
コロナ禍で閉塞感漂う世の中ですが、D.E.F.は鉄道の「力(ちから)」を写真で表現します。
■出展者
大鶴倫宣(代表)、今井英明、内田伸太、大藪琢也、佐藤武志、高木比呂志、船越知弘、吉永陽一
■開催期間
2020年11月19日(木)〜11月25日(水) ※11月22日(日)は休館ですが、11月23日(月・祝日)は開館です。
■時間
10:00〜18:00(最終日は15:00まで)
■場所
アイデム フォトギャラリー「シリウス」
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F(東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車徒歩2分)
今後、詳細はこのページにて随時更新いたします。
みなさまのお越しをお待ちしております。

Railway Graphic D.E.F.公式Facebookページ↓
https://www.facebook.com/RailwayGraphicDEF

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/10/22(木) 19:53:14|
  2. さすらいの美学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

季節の便り

yukikouyo

今年の紅葉はどうだろうね?
そろそろそんな言葉が聞こえてきた。実際山の高いところは徐々にだが色づいてきているという・・・。
そんな季節の便りは嬉しいもので、今でこそSNSの発達で気軽に受け取れるが、この写真を撮った頃は電話やいいとこガラケーの携帯メールがいいところであった。

「紅葉はいい頃だよ。今(夜です)外は雪が降ってきたよ。明日は積もるかもしれないね・・・」
そんな電話を受けたのもそんな頃だった。当時の会津川口駅のH駅長。そんな便りが嬉しくて用事を午前中に片づけて夕方に会津へ走った。夕方に駅長に挨拶をして近くの食堂に呑みに行ってからの車中泊。雪は雨に変わったりまた雪になったり・・・。
そんな夜だった。

翌日はこの時期につきものの朝霧もなく朝から晴れて夢中になって撮り歩いた・・・。

ピンポイントの天気予報なんてなくて、SNSで情報もとれなくて、ライブカメラなんてとんでもない!なんて時代・・・。
季節の便りはただの情報収集ではなく、その地の人の暖かさだった・・・。
今、なんとなくだけどそんな気がしてならない・・・。

2002年11月 只見線 会津中川-会津水沼


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/10/21(水) 20:02:37|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バームクーヘン

wararo-ru

「磐西の沿線の田圃にバームクーヘンが転がっているんですよ!」
只見線での天気の悪さに辟易していたところ、撮影仲間にそんな風に言われてわけがわからないままついていった。

なるほど、バームクーヘンとは言ったもの。正式名称はなんていうのかわからないが藁ロールとでもいうのだろうか?それでもバームクーヘンとはなかなかうまい事を言ったものだと感心する。
もっと大きいのを北海道では見た事があったが南東北の地で見るのは初めてであった。もっとも北海道のそれは稲藁ではなく、牧草であったが・・・

沿線は稲刈りも終わり秋本番を待つばかりとなった。
そんな季節を象徴するかのようなバームクーヘンであった。
食しても決して美味しくはないのだろうが・・・

2020年10月4日 磐越西線 野沢-尾登

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/10/16(金) 00:45:53|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

そして夕焼け・・・

yuuhinegisi

昨日のエントリーの約30分後・・・
空一面にあった鱗雲は消えて黒い雲が稜線近くに溜まってきて・・・

それでもそんな雲に光は反射してくれて妖艶な夕焼け雲になった。
あの鱗雲がそのままあったら・・・
そんな事が頭をよぎったが、たら・ればの話はしないようにしよう・・・

今、目の前に展開されている情景に感謝する事・・・。
自然を相手にするとそうそう思い通りにはいかないものである・・・。

2020年10月3日 只見線 会津高田-根岸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/10/10(土) 00:07:21|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予感・・・

urokogumo

彼岸も過ぎてすっかり日が短くなったことを実感する頃だが、季節が晩秋の一番日が短い頃になるとこの列車の通過時は既に日没後となっている・・・。
雲が多くて難儀した1日だったがこの場所に下りてきてこの雲を見たら・・・
もしかしたら焼けるんじゃないかな?・・・そんな予感がした。山際にある暗い雲次第なのだが・・・

そんな事を考えながら時を過ごすのもまた楽しいものだ・・・

2020年10月3日 只見線 根岸-会津高田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/10/08(木) 23:57:49|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

GV只見線を往く

gvtagokura

魚沼側の只見線に団体臨時列車が走った。今年で3回目となる「プロレス列車」
車内でプロレスをやるというのだから新潟支社もなかなかやるなぁとも思う。まして新車で行われたのだ。
自分は乗る事は叶わなかったが只見町で行われたチャリティマッチを見る事ができた。ツアーのお客様の他、只見町の方もたくさん集まって盛況の中行われた。

この手の臨時列車ってだいたいキハ40の国鉄色塗装の車が担っていたのだが、キハ40の引退とともにキハ110ではなく新たに磐越西線等に配置されたGV-E400系気動車が充当された。
今はキハ110が板についてきたのだが、噂ではキハ110はワンポイントでいずれはこのGVが主役になると言っている人もいる。
こんな光景も当たり前になっていくのだろうか・・・

曇り空に弱弱しく薄日が射してはいたが、そんな条件下でもGVはめちゃくちゃ輝く・・・
この車両、撮影するのも結構難しいようにも思った・・・。

2020年10月3日 只見線 只見-大白川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/10/07(水) 00:41:23|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する