FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

ゆく年に寄せて・・・

平成が終わり、令和へと時代が動いた2019年も間もなく暮れていきます・・・
いろいろな事情でここ数年で一番きつくなった仕事もあと2日で終わります。年末の休暇に入って楽しんでいる仲間たちの様子を横目で見ながら暮れゆく年に思いを馳せています・・・

加齢とともにどうも腰が重くなったようで、遠征しても地元の人と呑んだり話したり・・・そんな事が多くなってきています。
それでもそれを後悔しているわけでもなく、これがローカル線鉄の神髄だ!なとと思っています。地元に密着して、地元と交流して、自分自身が地元の風のようにあたりまえの風景になる・・・そんな理想に向かっているのかな?とも思っています。

又、今年は3つのグループ展に出展させていただきましたが、できればもう少し自分の作品を見ていただく機会を作れればとも思うようになりました。写真はプリントしてなんぼ、そうした事も来年は突き詰めていければとも思っています。

今年も幣ブログ「さすらいびとの子守唄」をご覧になって頂きありがとうございました。
どうも最近ゆるゆるになってきたようで、そうでなくても未熟なウデな写真に怠け癖が出たようで恐縮ですが、それでもご覧になっていただいたみなさんに感謝の気持ちで一杯です。
来年もゆるゆると続けていこうと思っておりますので、よろしくお願いします。自分も少しでもいい写真が撮れるよう精進していく「所存でございます。
また、只見線も全線復旧へ向け工事も進み沿線の盛り上がりも大きくなってきています。長年撮り続けのめりこんでいった奥会津、只見線の応援も続けいい発信ができればとも思っております。

来年も「さすらいびとの子守唄」をよろしくお願いいたします。

どうか良いお年をお迎えください。

2019年12月29日 茨城県つくば市の自宅にて・・・  さすらいびと拝


setugeturekkakudari

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/29(日) 15:23:50|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝霧の谷

asagirisaijiki

雨上がりの奥会津は美しい・・・
ただ、冬の光景ではないなと思った。
それでも奥会津の霧の情景は幽玄でついつい霧がきれいな場所を探してしまうのだ・・・

雪の少ない師走の経験はよくあるけど、今年はなんかおかしい・・・。
ただ、目の前に展開している情景がすべて・・・。
こんな冬もあったよね・・・そう言えるような記録なんだろうか・・・

2019年12月22日 只見線 会津宮下-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/24(火) 18:44:27|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初見参

e120kawaguti

「なんか川口駅に変な列車がきてるよ、なんだべ?」
給油に立ち寄ったガソリンスタンドの社長が言っていた。見ると駅にキハE120が止まっていた。
先日只見線仕様に変更された車両が出場したというニュースを聞いたが、正に早くも・・・といった感じだ。
たぶん時間的にスジは風っこのスジ、宮下で427Dと交換すると読んで第1只見で待機すると、予想通りやってきた。
地元の友人たちに聞くとたぶんこの日が初めてだろうとの事。正に「初見参」であった・・・。

遠めに見た印象はそれほど悪くないなとも思ったが、いかんせんキハ40に比べてかなり軽いからか鉄橋を渡る音に重厚感が感じられないのと、汽笛が今風のやつで山々に響かない。慣れるまでちょっと時間がいるかな?というのが自分の印象だった。

それでもキハ40の老朽化を見ているといずれこんな日が来る事は覚悟していた。
キハ40との置き換えは寂しいけど、これから全線開通する只見線が新しく生まれ変わる・・・。
そう思うようにした・・・。

e120siunten

2019年12月22日 只見線 上:会津川口  下:会津西方-会津桧原


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/23(月) 15:12:19|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪のない師走

yukinonakagawa

今年は雪が少ない・・・というより、雪がない・・・。そんな印象だ。
昨シーズンも全体的には雪は少なかったが、それでも12月初旬や中旬に一時的にでも降って積雪した光景をj見る事ができたが、今年はそれすらない。来週はクリスマスだが、俗にいうクリスマス寒波も来る気配がない・・・。

こういう冬は過去にも何度かあってクリスマスや年末に雪が少ないとかいう年もあったが、年が明けてからはしっかり降っていた。
雪国に住む人にとって雪は少ないに越したことがない・・・とはよく聞くのだが、せめて平年並みには・・・と思うのは写真家としてのわがままなのかもしれない・・・
それでも、奥会津の冬、雪国らしい光景を今年も見てみたいものである。

2019年12月7日 只見線 会津中川-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/19(木) 17:27:23|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柿の実のある風景

kakinomida

自分が子供の頃、東京都内の母の実家の庭には大きな柿の木があった。
秋には実家から柿の実がどっさり入った小包も届いたし、秋に遊びに行くと叔父が柿の実を取って食べさせてくれた。
甘柿だったようで美味しかった。
自分が子供の頃の話なので、実際にはそんなに大きくはなかったのかもしれないが想い出の中の柿の木は大きくてたくさんの実をつけていた・・・。

自分が柿の実がある風景が好きなのもたぶんこんな想い出があっての事だと思う。あの大きな柿の木が忘れられないのだ。
母の実家も今はなく、その柿の実を食べる事も叶わぬ事となってしまった・・・。

葉が落ちて柿がなっている風景は、l郷愁だったり旅情だったりいろいろな情景を思い起こさせてくれる。
そしてその風景は、重くて長く厳しい冬が近い事を告げる物でもあるのだ・・・。

冬の足音がだんだん大きくなってくる・・・

2019年12月8日 只見線 会津柳津-会津坂本

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/10(火) 17:23:42|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カタワレ時に浮かぶ・・・

burumobandai

この日の夕焼けは自分が今まで会津平で見た中では一番と言っていいくらいの夕焼けであった。
昼間の絶望的にも見えた曇り空であったので、会津若松で呑気に買い物をして居tらのだが、西の空に僅かに雲の切れ目があって嫌な予感がしていた(笑)。案の定空に広がる雲は見事に地平線から姿を消したはずの太陽の光を映していた。たぶん一番いいのは坂下か若宮・・・。ただ時間的に間に合わないと判断して根岸に向かったが列車到着する頃はすっかり色は消えてしまった・・・。

それでも振り返ると昨晩の雪で見事に化粧をした磐梯山と周辺の山が、かすかに残る残照に照らされ、カタワレ時に浮かび上がっていた・・・。逃した魚は大きいが、ステキな光景を見る事ができたのは会津平の妖精がくれたささやかなプレゼントだったように思った・・・。

2019年12月7日 只見線 根岸-会津高田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/09(月) 19:58:14|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋時雨

akisigure

時雨・・・
この言葉に秋がつくと、本来の時雨と比して侘しさ、うら寂しさや寂寥感を感じさせるような気がする・・・
そんな雨がようやく止んだ朝、秋時雨はまだ柿の木に残っていた・・・

やがて訪れるであろう冬の足音がすこしずつ大きくなっていくような・・・
そんな重々しい風情・・・

山間の集落はただただ静かで、列車の音が響くだけだった・・・

そして今、奥会津から積雪の便りが届いた・・・


2019年11月23日 只見線 会津西方-会津宮下


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/05(木) 17:46:46|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吊るし柿の頃・・・

turusigaki2

奥会津の家の軒先に柿がつるされる・・・。
干し柿を作るのだが、これを見かけるともう冬の足音が聞こえてくるのも早いんだなぁって思う・・・。
つるしたばかりのまだ瑞々しい柿の実が、乾燥してくるともう雪の便りも聞こえてくる頃だろう。

最近はこうした家も少なくなってきたように思う。
晩秋の風物詩、風情のある光景がいつまでも残ってほしいなぁと切に思う・・・。

吊るし柿の頃は、秋から冬へ移ろう頃・・・。
雪国の晩秋はちょっと重苦しくも感じる頃だ・・・。

2005年11月20日 只見線 会津西方-会津桧原


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/03(火) 19:15:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する