さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

まだ桜が・・・

suezawadamusakura

先週、会津中川で撮った桜が今シーズンの最後の染井吉野だと思っていたが・・・。

新緑を求めて開通したばかりの六十里峠を越えて魚沼側に来たら、まだ桜が咲いていた・・・
大白川の奥だからまぁ当然と言えば当然なのだが、目の当たりにするとやはりちょっと驚いてしまう・・・。
桜の頃ってまだ芽吹きには早くて、桜以外の色はあまりないのだが、雪国の山中では、桜と新緑、そして残雪が同時に見る事ができる贅沢な空間だ・・・。

津軽の芦野公園も散ってしまったらしい。今度こそ、今シーズン最後の染井吉野になるだろう・・・。

2018年4月28日 只見線 只見-大白川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/30(月) 23:41:34|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜を追いかける旅・・・

yozakura

いつか桜を追いかけるように旅をしたいと思っている。
3月の吸収か四国から始まって、桜とともに北上する。時には標高の問題で少し戻るかもしれないけど、5月にかけて桜とともに過ごしたい・・・。
普通にサラリーマンをやっていると、それは叶わぬ夢なのだが、日本で生まれ育ち、桜を愛でるというDNAを持っているからにはそういうたびに憧れるのだ・・・。
それでも限られた時間で、できるだけ桜と戯れたい・・・
そんな思いだったが、今年は東京で桜が満開の時期には、奥会津でふきのとうを撮っていたのでちょっと出遅れ・・・。
3月31日の八高線から始まって、北関東と奥会津の桜を愛でる事ができた。思ったよりも早い桜前線に翻弄され、津軽の桜は今年は間に合わなかった・・・。

そんな今年の桜の旅のフィナーレは会津中川の夜桜だった。
ここ数年、どうもタイミングが合わなかった中川の桜・・・。
そんな桜に見送られて、自分の桜の旅も終了となった・・・。

2018年4月22日 只見線 会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/26(木) 20:54:21|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春紅葉

harukouyou

染井吉野がいつになく速く満開になった奥会津・・・。
自然は正直なもので木々の芽吹きも早まったようだ。柳津や宮下ダム、会津中川あたりの満開の桜に隠れてしまったが、一部ではちょうど芽吹きが始まった頃で、今年も春紅葉を見る事ができた。
芽吹き始めた芽は、はじめは赤みがかかった所謂萌黄色となる。ほんの数日で黄緑に変わってしまうのだが、その光景は正に「春紅葉」・・・。淡い芽吹きが朝日に当たる様は本当に素晴らしい情景であると思う・・・。

そして普段は森に埋もれてしまっている山桜が、1年のうちのほんの数日、その存在を示すようになる。山肌にポツンと咲く山桜を探すのも、染井吉野の派手さとはまた違った風情がある。

そして、あっという間に山笑う春である・・・。

2018年4月21日 只見線 早戸-会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/25(水) 19:54:38|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お地蔵様・・・

ojizousan

「そのお地蔵さんは子供たちを守っているんです。秋にはここでお祭りもやるんです・・・」
朝6時半、始発列車を撮るべくスタンバイしていると、裏の家のおばあちゃんが出てきてくれて教えてくれた。
「汽車が来るんか?」
「いえいえ、普段走ってる普通の只見線です・・・」
そう説明しても理解できなさそうだったが、それでもこのお地蔵さんと桜を撮るっていうのがうれしいようで、いろいろと話をしてくれた。

ここのそばには、小学校の分校があった。子供たちもそんな学校に通ってそこで学び、巣立っていったのだろう。
そんな子供たちをずっと見守ってくれていただろうお地蔵様・・・。

前からこのお地蔵様の存在は知ってはいたが、こうして由来を知ると旅の楽しみも厚みを増してくるような気持ちになった・・・。

2018年4月21日 只見線 会津坂本-塔寺


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/24(火) 21:27:12|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜満開!

gakkouji

去年の記録を見てみると、柳津の桜はほぼ1週間早く満開となった。とにかく早かった桜前線、例年は関東を過ぎると若干すぴーどを落としていくのだが、今年はあまりそのはやさを落とすことなく北上しているようである。そんな桜に今年も間に合った・・・。

桜はタイミングが難しく、満開の時期と休みの日、そして更に天候がうまく合うかが毎年ストレスを感じるが、今年は見事にストライクであった。おまけに宮下や水沼や中川の桜もいほぼ満開となり、やはり今年はいつもの年と咲き方も異なったようだ・・・。

満開の桜を愛でながら、「今年も会えたね・・・」そんな言葉を心の中でかけていた・・・。

2018年4月21日 只見線 郷戸-会津柳津


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/23(月) 22:07:33|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒼桜

aoisakura

日が暮れると茜色の空間は一気に蒼く染まる。
ライトアップされた華やかな桜もいいけど、蒼い空間にほんのりと浮かぶ桜の風情も素敵だと思う・・・。

2018年4月16日 只見線 根岸-会津高田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/19(木) 22:33:24|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜桜の駅

yunokamiyozakura

そういえば、湯野上温泉駅の桜のライトアップはもうずいぶん続いている。会津平の桜と時期が被る事が多いので、撮影の帰りによく寄り道をしたものである。最近は芦ノ牧温泉駅でも行われているこの桜のライトアップは、会津鉄道の春の風物詩であると思う・・・。

闇夜に浮かぶ桜は妖艶で非日常の世界に迷い込んだような錯覚に陥る。まるで夢の中のような情景だ。
そんな夜桜の駅に着いた単行の上り列車からひとりのお客さんが降りるとふっと日常の光景に戻ったように思えるから不思議だ・・・。

2018年4月16日 会津鉄道 湯野上温泉



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/18(水) 22:02:01|
  2. 会津鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

共演

sakuratoume

梅が開花するのは2月に入った頃であろうか、いち早く春を告げるこの花も桜のようにすこしずつ北上していく。
関東を過ぎたあたりからそのスピードはゆっくりとなり、会津では桜前線に追いつかれてしまうのだ。
会津では桜と梅がほぼ同時に開花する。只見線に通いだした頃は、そうした発見もなぜかうれしいものであった。

今年の桜前線は、関東を過ぎてややスピードを落とした感はあるが、それでも会津では1週間ほど早くやってきた。梅の花もそうらしく桜の満開を迎えた会津平では見事に梅と桜の共演を見る事ができた。

「今年も一緒に咲けたね・・・」
そんな風に囁きあっているように見えた・・・

2018年4月16日 只見線 会津高田-根岸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/17(火) 18:52:58|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の情景

miyagawasakura

雪が残る山と桜の風景は、東北ならではなのかもしれない・・・
列車を待つ時間にふとそんな事を考えた。アルプス級の嶺とは別にして・・・だけど。

ようやく訪れた遅い春を歓ぶような情景に僕は心惹かれる。
会津の春は、これから少しずつ高度を上げて奥会津へ登っていく・・・。

2018年4月14日 只見線 会津高田-会津本郷


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/15(日) 22:50:36|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと来たよ・・・

madahatibuzaki

4月11日、会津若松の会津鶴ヶ城跡の桜が満開になった。
翌12日、たまたま休みだったのでスクランブル発信。会津平で会津の桜の一番乗りを狙った・・・。

行ってみると、只見線と絡められる桜は5~7分咲き、まだまだ読みが足りなかった・・・。
それでも、一途に春を告げようと一所懸命頑張っているように見える桜に、ようやく訪れた会津の春を感じてきたように思った。
この桜、朝一で見た時よりずいぶん花が開いたと思う。会津の春は一気に来るからその変化が目に見えるようである・・・。

夕陽に染まった妖艶な桜・・・
やっと来た・・・
ようやく春がやってきた・・・

2018年4月12日 只見線 新鶴-若宮

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/13(金) 23:17:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中根谷の主

yamazalura18

「中根谷の主が咲きだしたよ・・・」
そんな言葉に誘われて春のひたちなかを訪れた。
中根谷の主とは石切場踏切近くに咲く大きな山桜の木。樹齢もかなりなものらしくかなり前から中根谷と湊線を見守ってきた桜だ。
この中根谷には個性的な山桜が多く、染井吉野が終わりの頃から楽しむことが出来、それらの山桜のフィナーレを飾るべく最後に咲くのがこの木である。それにしても随分早く咲いたものだ・・・。

仲間たちとこの場所に立ってこの主をしばし愛でる。どうも花と一緒に葉も出てきたようでイマイチ花が目立たない。木の上の方に花がついておらず枝のボリューム感も減った感じだ。そんな彼をみんなが心配して見つめていた・・・。

この日は一日撮影して、地元の応援団の方たちと杯を傾けた・・・。
やはり、地元の方と地元の話を聞いて呑む酒はどこへいってもおいしく素晴らしいものである・・・。

2018年4月8日 ひたちなか海浜鉄道湊線 金上-中根

  1. 2018/04/10(火) 22:45:47|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜が咲いたよ・・・

asiosakura

咲いた、咲いた、
桜が咲いた・・・

山間の駅にも桜が咲いた・・・。
素朴な駅も華やかになった・・・

2018年4月7日 わたらせ渓谷鉄道 足尾

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/09(月) 22:54:59|
  2. わたらせ渓谷鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤銅色の列車

sourihukin

わたらせ渓谷鉄道の列車の色は、茶色ではなく赤銅色だと聞いたことがある。たぶん足尾銅山の銅の色をイメージしたものなのだろうか?
この色は写真家泣かせで鉄道風景写真の中で鉄道の存在感を出すのに苦労する。光を選ばないと厳しいなとも思う。
それでもこの色、子供の頃に見た旧型国電や旧型客車の色をイメージさせてくれて自分的には結構好きな色だ。

満開の桜の中、赤銅色の列車が一気に駆け抜けていく・・・

2018年4月7日 わたらせ渓谷鉄道 神戸-沢入

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/07(土) 22:31:47|
  2. わたらせ渓谷鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜・さくら・SAKURA

tatarasakura

桜の便りを聞くと、本格的な春の到来を思わせる。
だから・・・桜前線のニュースに国民全員が一喜一憂する。正に国民行事のようである・・・。
実は桜が満開の頃って、周辺はあまり春色は少なくて、桜一色のような風情で、それだから余計に桜が目立つ存在になっているように思う。(染井吉野を前提としているが・・・)
桜が咲くと、周辺に芽吹きが始まって、田圃に水が入って、カエルが鳴いて・・・
春本番を告げる桜・・・。だからみんなが桜の便りを心待ちにしている・・・。

桜・さくら・SAKURA
春を歓ぶ桜の花だ・・・。

2018年4月1日 真岡鐡道 多田羅-市塙

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/06(金) 21:55:52|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千両役者

kugetasakura

真岡鐡道は桜が美しい路線だと思う。
その中でも有名なのは北真岡の桜並木だと思うが、自分は久下田駅の桜が好きだ。
この駅の桜を愛でるようになって、もう20年近く経つ。桜のボリュームもずいぶん大きくなったと思う。とにかく素晴らしいさくらの駅である。

SLと桜を撮ろうと鉄ちゃんが集まってはいたが、ホームには人影はなかったがSLの到着時間が近づくと人がたくさん集まってくる。
そりゃそうだろう、こんなに素晴らしいさくらの駅に千両役者がやってくるのだから・・・

「いよっ!日本一!」
そんな掛け声が聞こえてきそうである・・・。

2018年4月1日 真岡鐡道 久下田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/04(水) 22:55:23|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夕桜・・・

tansyouyuukei

ようやく桜を撮れた。
東京で満開の時期に只見線でふきのとうを撮ってたりしたのでしょうがないってのはあるのだが、通勤途上で見る満開の桜を眺めつつため息をついていた。なんだかんだいっても桜の情景は心に沁みる・・・。

非鉄な用事のはずだったが、目的地の近くには八高線が走っている。かなり手前のインターで降りて道すがら眺めていたが、光線状態も含めてどうもうまくいかない。結局目的地近くの小さな公園で苦し紛れに撮った・・・。
それでも、夕陽に染まる桜はいいもので、眺めているだけで心が落ち着いていくのがわかる。やはり桜は心の琴線に絶妙に触れるんだ・・・。

今年の桜は開花が早い上に、各地で一斉に咲くので桜前線問ともに北上するというのは難しいのかもしれない。
それでも北へ向かうにつれてそのスピードも少しは緩めてくれるかも・・・。
そんな事を考えながら勤務交番とにらめっこしているのだ。
桜を見ると落ち着くが、そんな事を考えているとちょっとだけど心が乱れるようなきもする・・・

2018年3月31日 八高線 群馬藤岡-丹荘

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/02(月) 23:44:40|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する