さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

雪、未だ降り止まず・・・

dai2kousetu

夜明け前頃から降りだした雪は止む気配もないまましんしんと降り続いた。
しんしんと・・・というより、もさもさ降る・・・といった感じでこのままやむ事もなく永遠に降り続くような・・・気が遠くなるような感覚であった。それでも只見線はほぼ定時運行をしていた。頼もしい生活の足でもあるんだと実感した。
この日、会津中川でのイベントと只見線を絡めようと、吹雪の中431Dを待っていた。昼間、降り止まない雪に負けずに走っていた列車も夕方18時過ぎについに力尽き、翌日の夜まで走る事はなかった・・・。降り続く雪と会津平の強風による地吹雪はかなり厳しかったようだ・・・。

今年の冬はかなり厳しい冬となった。雪の降る日数や積雪も近年に比べ多く、そして気温も低い日が続いている・・・。
それでも春が来ない冬はない・・・。
ただじっと春を待つ・・・。

2018年2月17日 只見線 会津西方-会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/19(月) 23:56:15|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

時間旅行

gosyogawarairekae

津軽鉄道を旅していると、時々ふといつの時代にいるのかわかならなくなることがある。
車両、施設、人・・・
それぞれが古き良き時代の鉄道情景が残っているからなのか、それともそういう情景を求めている事を知っている神様が見せてくれた幻影なのか・・・。
ただ、言える事は、この情景は紛れもなく平成30年の情景だという事だ。

昭和の面影を探す旅・・・。正に時間旅行をしている自分にふと気がついた・・・。

2018年2月12日 津軽鉄道 津軽五所川原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/15(木) 23:20:33|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吹雪をついて・・・

hubukiiidume

そういえばここ数年、津軽へは行っていたが、所謂「痛い」と感じる冬はなかったように思う。
地元の方には怒られてしまうかもしれないが、らしくないのだ。そんな感覚を持っている自分はやっぱり旅人なんだとも思う・・・。

今回訪れた津軽では久しぶりに地吹雪の洗礼を受けた。なにもない川倉や飯詰の雪原で「これこれ・・・」なんて言って喜んでいたのもまた旅人から脱せない所以であろうと思う・・・。
ただ津軽の地吹雪は恐ろしい。吹き溜まりは深く随分難儀をしたし、あっという間に積もっていく。風が弱かったらもっともっと積もっていたであろう・・・。

そんな中でも、津軽鉄道のローカルは定刻にやってきた。
関東だったらとんでもないことになっていただろう。そうした逞しさを感じた津軽の黄昏時であった・・・。

2018年2月11日 津軽鉄道 毘沙門-津軽飯詰

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/14(水) 23:37:34|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅人の雪・・・

そういえば、ひょんな事から友人に連れられて只見線を訪れてから随分時間が経った。
故郷というものをを持たない自分にとって幼い頃に思い描いていた情景がそのまま残っているような只見線に嵌ったのも自分にとって必然であったように思う。桜の時期を調べて満開の宮下ダムで撮影している時に隣で撮っていた方に言われた言葉・・・。
「只見線を撮るなら冬においで。川口から先は雪が違うから・・・」
思えばこの時の言葉で只見線に対する興味が一気に膨らんだ。奥会津の雪に思いを馳せるようになった・・・。気がつくとその時から今年で19回目の春が来る・・・。

雪の少ない関東に生まれ育った自分にとって雪は美しく興味深いものであった。ただ何年か通っているとだんだんとその興味が変わっていった。
地元の方にとって、それは決して歓迎されるものではないという事に気が付いたのだ。地元の方と話していると雪の現実が見えてくる。そんな方々の思いに寄り添うような気持ちになってくるのだ。雪は重く厳しいもの、そういう気持ちが心に湧いてくる。
それでも雪景色は美しい。雪が止んだ直後、ちょっとでも日が射したときの美しさは正に素晴らしいものだ。

長い時間奥会津を旅していて一向に飽きないどころか、ますます興味が湧いてくる。長い時間こうして旅をしていると、いつかはこの場所で・・・という気持ちもないわけではない。ただ、奥会津で今降っている雪を思うと自分はそれをまだ「旅人」としての視線で見ていると気が付く。生活者として雪を考えた事がない・・・。そんな甘いものではないはずだ。

いつまで旅人でいられるだろうか?もしかしたらこの地で旅装を解くのかもしれない。自分が何を求めてこの地に通っているのか・・・。故郷への憧憬だけで、その想いだけなのか、それでいいのか、何を奥会津に求めているのか・・・
最近そんなことを自問自答している。

ただひとつ言える事・・・
雪は厳しくきついもの、だが時には美しい・・・
そして自分は奥会津の風土や人たちが大好きだという事・・・

もう少し考えてみよう・・・旅人の雪か、生活者の雪か・・・それも含めて・・・。

oresikatorenai

2018年1月28日 只見線 会津宮下-早戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/08(木) 23:03:23|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暁のラッセル

gonoukou

立春のこの日、北国のまだ遅い日の出に合わせるように駈けてきた。無骨なラッセルが生まれたての朝日に照らされ赤銅色に輝いた。このキ100型ラッセル除雪車が、この機関車に押されて走っている事が平成の時代の奇跡であると思うが、それが朝日に輝く様はまさに荘厳な光景であった・・・。

2018年2月4日 津軽鉄道 五農校前-津軽飯詰


[暁のラッセル]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/06(火) 22:57:20|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

gakkoujiyoru

春は桜の名所になる月光寺。
最近この場所での撮影が密かなマイブームなのは、ここ1年余りすっかり定宿になった宿のすぐ近くである事も大きな理由の一つだと思う。歩いて3分ほどで着くので、この日もちょっとした呑み会の途中に時間をチェックして参加者みんなで撮影・・・といった感じであった・・・。手軽に撮れるとはいっても、ここの雰囲気は素晴らしいと思う。小さなお寺ではあるが、門前町柳津と只見線のコラボの雰囲気があるのだ・・・。

夜の帳が降りる頃、雪を照らして列車が走る幻想的な夜であった・・・

2018年1月27日 只見線 会津柳津-郷戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/01(木) 22:39:29|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する