さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

残照・・・

zansyou

祭りのあととは言ったものだ。
蒸機を会津高田で見送った後会津平をちょっと彷徨ってみたが、あれだけいた人を全く見る事がなかった。
潮が引くような・・・正にそんな感じだった。
430Dを撮った後、ふと大志集落を俯瞰するところに行きたくなった。なんでなのかはよくわからないのだが、そういうのって理屈じゃない。心のままにそこへ向かった・・・。

国道を埋め尽くした車も人も見かけないいつもの奥会津に戻ったその感覚がなんとなく不思議な気持ちだった。
そしてこの場所に立つ・・・。
この週末に来た人の1/10、いや、1/30でもいいから毎週末に只見線に来てくれたら・・・そんな事を想いながらこの丘に立ったのだ。

特別きれいに焼けたわけでもない空を辛うじて川面に映した光景を見ながら、431Dを迎えた。
こうした普段着の只見線がいいな、その良さをもっともっと発信したいな・・・。
本当に何気ない日常の風景が、実はかけがえのない光景だって事は日本人が一番わかっているんだと感じているから・・・

残照に照らされた奥会津の集落・・・
これほど美しいものだとは正直言って、この日初めて気がついた・・・

2017年5月21日 只見線 会津中川-会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/25(木) 21:42:15|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一面みどり色・・・

hayatosl

連日の暑さからか、新緑の森は一気に深緑へと変わっていくようである。
そしてその緑が川面に映る只見川も吸い込まれるようなみどり色・・・。
冬の間、あれだけ心待ちにしたみどり色が一気に広がったようである・・・。

そんな暑い日でも、只見川に浮かんだ和船に乗っていれば、川面を渡る風に吹かれて心地いい気分になる事だろう・・・。
ましてそこに蒸気機関車が走れば・・・。

舟は遠くて小さくなったが、乗っている人の歓声が聞こえてくるようだ・・・。

2017年5月21日 只見線 早戸-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/24(水) 22:57:32|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風薫る頃・・・

sugisirokaki

関東では、早いところではゴールデンウイークの前半で田植えが終わるところもある。
品種の違いもあるのかもしれないが会津では5月も真ん中あたりになって、代掻きや田植が始まる。あたりの山の雪もずいぶん消えてきた。遠く飯豊の嶺も残雪といった趣である。
こうして消えた雪は、水になって再び大地に現れ稲を育んでいくのだろうか・・・

風薫る・・・
正にそんな風に吹かれる頃、水も温み命の息吹を吹き込んでいく頃である・・・
そんな光景には、小さな蒸気機関車が長閑に走る姿が良く似合う・・・

2017年5月17日 只見線 会津坂下-塔寺

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/23(火) 23:14:24|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒸機ウイーク終了・・・

sinryokudaiiti

試運転から始まって約1週間の只見線の蒸機ウイークが終了した。
試運転からかなりの人でにぎわった。比較的天気も良く皆さん、乗って撮って、只見線の蒸機運行を満喫されたのではないかと感じる。今回は仲間たちも結構乗車しており、その楽しさがいろいろと伝わってきた。蒸機は見るだけでなく、五感を精一杯研ぎ澄まして感じるものだと感じさせてくれたのだ・・・。

乗ると撮れない・・・。
撮り鉄にとっての大きな悩みであるわけだが、よく考えてみると、乗らなきゃ撮れないシーンもあるわけで、そんな当たり前のことも気づかせてくれたと思う。
来年も走ったら・・・。乗って、五感を研ぎ澄ませて蒸気機関車と旧型客車を堪能するのもいいなぁと思い始めてきた。

この運行で引退する機関士さんがいると聞いた。只見線の蒸機運行は2001年から始まり、今年で16年。そうした中運転をし続けてきた方なんだろう。実際に会ってお礼を言うことはできなかったが、汽笛を轟かせて走るシーンを遠目に見ながら、「ありがとうございました。お疲れ様でした」とつぶやい自分なりに送らせていただいた・・・。

2017年5月21日 只見線 会津西方-会津桧原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/22(月) 23:34:30|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も蒸機がやってきた。

sinryokujouki

新緑は遅いかなぁ・・・。
GWの頃に芽吹きだした木々は日に日に変化していく。そんな季節の進行にちょっと不安はあったが、奥会津の谷間はライムグリーンの世界だった。天候がちょっと不安定だったがやはりこの季節に走る蒸気機関車は実に美しい・・・。

今年も只見線に蒸気機関車がやってきた。全線の復旧が決まって初めての運行だ。だからというわけでもないのだろうが、平日だというのに結構な人出であった。会津ナンバーの「わ」ナンバーも多くて、若松の宿も満員だったという。少しは経済効果に貢献しているようだ。

いよいよ週末は本運転だ。沿線は代搔きや田植の真盛り。山肌はライムグリーンに輝く、奥会津が一番きれいに輝く季節だ。そんな峡谷に轟く汽笛は正に日本一だ。
乗る人、撮る人、見る人みんなが幸せな気持ちになってほしいと切に思っている。

2017年5月17日 只見線 早戸-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/18(木) 23:17:46|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

残照・・・

zansyou

最後のチャンスと思って列車を待っていたが、太陽が沈む速さはとにかく早い。分単位、いや秒単位でずんずん沈んでいくのだ。
地平線あたりの雲にかかりあたりはどんどん暗くなる。藍色というか群青色に近い蒼に空間が染まっていく。
列車が来たのはそんな時間だった。ありきたりなブルーモーメントのカットになるんだと思いなんとなく列車おw追っていると、ほんの一瞬、多分そのあたりだけ雲が切れていたのか、そんな感じで車両が残照に輝いた・・・。

ほんの一瞬の出来事だった。蒼い空間に茜色の太陽がまだその存在感をかろうじて誇示していたかのような・・・
写真は一瞬の空間を切り取るもの。そんな写真力を感じた一瞬の「かたわれ時」であった・・・。

2017年5月4日 関東鉄道常総線 三妻-南石下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/13(土) 00:18:07|
  2. 関東鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薫風に吹かれて・・・

sakamotosinryoku

つい1ヶ月前のこの場所は、桜も咲いておらず、山肌はまだ茶色だった。
それから時間は流れて、そばにある染井吉野は既に散り、木々は芽吹いて山桜も満開となっている。
雪国の春は一気にやってくる・・・。そんな言葉が実感として目の前に広がっていた。

ついこの前までは冷たかった風が、爽やかな薫風となって僕の頬を撫でる。
風までも、一気に春のそれになっていた。
薫風に吹かれ、僕は奥会津の春を満喫する・・・

2017年5月5日 只見線 会津坂本-塔寺

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/11(木) 23:02:28|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新緑の季節へ・・・

misimasinryoku

そめいよしのが咲く頃は、まだそんなに木々は芽吹いてはいないはずである。桜が無いと意外と色がないのである。
このカットを撮った時、近くの宮下ダムの桜はすっかり散って葉桜であった。そう、桜が散る頃から木々は一気に芽吹くのである。
いわば桜こそ本格的な春を告げる花なのである。そして木々は一気に芽吹いていく。その速さはほんとうに目を見張るようであり、時には朝の風景と夕方の風景が違って見える時もあるほどだ。

新緑の季節へ・・・。命の息吹を感じるこの季節は、たぶん奥会津で一番きれいで、輝いている季節なんだと思っている。
新緑の季節、山笑う春・・・。
長尾い冬をじっと忍んだ命の息吹が一斉に開いていくのである・・・

2017年5月5日 只見線 早戸-会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/10(水) 21:31:42|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また来らっせ~

tadamisakura

先月末に津軽へ行って桜を愛でてきた。これが今年の最後の桜かぁ・・・感慨深げに桜を見上げて思いを馳せたものだった。
それから1週間、津軽よりずっと南の奥会津でまた桜を見る事ができた。
津軽よりはるか南ではあるが、その分標高も高い山間の町だから桜前線も高いところへと垂直に進んでいったところがここ只見の桜なんだろう・・・。

峠を越えて越後からやってきた列車の折り返しは、連休の末期という事もあったのか結構の人が乗車した。
只見で滞在した人や、代行バスに乗って更に越後へ向かう人だろう。
列車が発車する時に、只見駅の中の「只見町観光まちづくり協会」の人たちが手を振って列車を見送る。
旅人にとってこうして見送られて旅立つのはとてもうれしいものだ。

「また来らっせ~」
満開の桜と只見の人に送られて次の目的地へ向かう・・・。そうして送られて、そこの人の温かさを感じた旅人は、いつの日かまた只見に再びやってくるんではないか・・・。そんな事を思いながら僕も列車を見送った・・・。

2017年5月6日 只見線 只見

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/09(火) 23:55:04|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜と岩木山

togawasakura

津軽鉄道と桜と岩木山・・・
この3つが絡められるところって、今自分の中ではこの場所しか思い浮かばない。探せばなんかありそうなものだが、まだまだそこまで撮りこんでいないから見つけることができないのかな?とも思う。

芦野公園ほど大きな規模ではないが、咲き誇る桜と残雪を湛えた岩木山、そして青空のコントラストがとても素敵だ。
これぞ津軽の桜だ!そんな事を思いながらシャッターを押した・・・。

2017年4月30日 津軽鉄道 津軽五所川原-十川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/08(月) 23:06:20|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名残の桜

syuukaijo

芦野公園の桜は実に見事であるが、とにかく人が集まる。
待ちわびた春を謳歌しようと集まった津軽の人たちなのであろうか・・・
それにしてもこの日の芦野公園は凄かった。というより、実際は見てはいないのだが芦野公園に行こうとするも、渋滞は既に金木にまで達しておりたどり着くことが出来なかったのだ。まぁ前日に1日堪能したのであきらめもついたが・・・

それでもやっぱり桜は撮りたい。見つけた桜はひっそりと2本が寄り添うように咲いていた。
さすがにかなり散っていてだいぶ葉も出ているが・・・
長い冬をじっと耐え、ようやく咲き誇った桜が、往く春を惜しむかのような名残の桜のように見えた。
最後の花道とばかり、ほんの一瞬、太陽がスポットライトを照らしてくれた・・・。

北国の春は一気に駆け抜けていく・・・

2017年4月30日 津軽鉄道 川倉-芦野公園

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/07(日) 00:29:52|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花見を愉しむ・・・

asinokouen1

今年も芦野公園の桜を見る事ができた。
思えば4月7日に福岡と大分の県境の小さな駅の桜を愛でてから約3週間、福島県の桜を巡って更に北上。ようやくここまでたどり着いたという感じだ。この駅と公園の桜は素晴らしく、先日は報道ステーションの中継もあったほど。多くの人がたぶん本州最後の桜を愉しんだ。

自分も早朝に五所川原入りして、ホテルに車を置き、コンビニでビールを買い込んで津鉄に乗った。
芦野公園で満開の桜に迎えられ、集まった仲間たちと「これぞ日本の花見の王道」というくらい楽しませてもらった。

桜を見ると心が躍る。日本に埋めれ育ち、いつしかそうしたDNAが育まれ一気に爆発したような・・・。
たぶん今年最後の桜に酔い、そして仲間たちに酔った・・・。そんな1日であった。

2017年4月29日 津軽鉄道 川倉-芦野公園

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/04(木) 22:42:42|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北国の梅の花・・・

ume

関東での梅の花の便りは、まだ冬の趣な2月頃であろうか・・・
梅の花の便りを聞いて、まだ淡い春の気配を感じる・・・。そこから桜が咲くまでは随分と時間がかかる。

そんな梅の開花前線の動きはゆっくりで、やがて桜前線に追いつかれてしまう。それが会津あたりなのだろうか?
このあたりで梅の花があまり目立たないのは、決して梅の木が少ないとか、そんなのではなくて艶やかな桜の開花の陰に隠れてしまっているからなんだろう。
「三春」という言葉がある。調べると旧暦の1,2,3月の総称であるらしい。ただ、現在に当てはめてみると、2月が梅、3月は桜、4月は桃といった感じなのだろうか?会津ではそれが一気にやってくる。まさに会津の春は三春が一気にくるのである・・・

畑の真ん中にたつ梅の花を見つけた。
ここは申し訳ないけど、主役は列車ではなく梅に譲っていただく事としようか・・・

2017年4月27日 只見線 根岸-会津高田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/03(水) 22:02:12|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柳津の街を望む

yanaiduhukan

柳津は門前町であり、温泉街でもある。
ひところの賑わいに比べれば寂しくなった感は否めないが、それでも福満虚空蔵尊圓蔵寺の麓を沿うように温泉街の情緒を残している。
柳津温泉は、その圓蔵寺の敷地内から湧き出ているありがたいお湯であるという。それも門前町として栄えてきた柳津ならではでないかとも感じるのだ。そんな事を思いつつ柳津の街を望むとなんとなく感慨深く感じる・・・。

折しも桜が満開の季節。桜の町らしく、桜の木が点在する温泉街を望みながら、ゆっくりと走る只見線の姿も見えた・・・

2017年4月27日 只見線 郷戸-会津柳津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/02(火) 23:31:53|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜の町

yanaiduhhukan

柳津は桜の町だと思う。
由緒ある1本桜も、永遠に続くような桜の並木もあるわけでもない。
ただ、町を彷徨ってみると桜の木が多い。いろいろなところで桜の木を見かけるのだ。

街を見下ろす小高い丘へ登るとよくわかる。町中に桜の木がある。そして春になると桜色のスポットがそこらかしこに現れる・・・。
春になると景色が変わる。桜の町の華やかさは1年のうちのほんの僅かかもしれないけど長い冬を耐えて迎えた歓びにあふれているように見える。

春が来た。桜の便りは北国の春の本格的な始まりである・・・。

2017年4月27日 只見線 会津柳津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/02(火) 00:40:37|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する