さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

子供がいる情景

kawagutioyako

「柳津に初詣でに行くんです。只見線に子供を乗せてあげたくて・・・」
ちょっとはにかんだ様子でお母さんが言った。金山の人だそうだ。

列車に乗ろうとするふたりの後ろ姿を見て、なんとなくうれしく感じた。
子供のいる風景って、これからの只見線や奥会津を明るく照らしてくれているような・・・。そんな感じ。

子供たちの笑顔や歓声が奥会津の谷間に響き渡ればいいな・・・。
そんな思いで、このふたりを見送った・・・。

2017年1月21日 只見線 会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/30(月) 23:34:13|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の華が咲いた・・・

takiya

明け方の気温が氷点下まで冷え込んだ朝、山の木々に雪の華が咲いた。
未明に雪が降ったわけでもないのだが、気温が低く針葉樹に積もっていた雪も落ちずにいた。

白と深い緑、いや、鋼色に近い色だけのモノトーンな空間に、音もなく列車が走り去る・・・。

2017年1月21日 只見線 滝谷-会津桧原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/27(金) 00:27:18|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

深山幽谷

daiitikamosika

未明の大雪は朝方に止んだが、いままで雪がほとんどなかった景色が一変した。わずか数日でここまで降るか!とも思ったが積もってる雪の量は例年とそんなに変わらないように見えた。それでも、去年は小雪、一昨年は車の関係でそんなに訪れる事が少なかったので妙に新鮮にこの景色をみた。
杉の木は、普段はあまりいい景観とは思わないが、雪が降ると別だ。特に雪が止んだ直後の美しさは息を呑む・・・。
鉄橋以外の人工物がほとんど見えないこの谷間を、ゆっくりと列車が通過していく。

その光景は厳しい冬の、ほんの合間に見せてくれた妖精の微笑みのようだった・・・。

2017年1月15日 只見線 会津西方-会津桧原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/25(水) 23:15:53|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薄明の時・・・

yasakano

日の出前や日没後のまだ暗くならない頃、空気が蒼く染まったような空間になる。
ブルーモーメントと呼ばれている時間帯だ。時間の経過とともに空間の明るさがどんどん変化していくから、ほんの1分ほどでも、明るさが変わっていくのがわかる。空間が蒼く染まると、神秘的で、幽玄な雰囲気になる。そんな時が大好きである・・・。

422D、只見線の上りの1番列車だ季節毎の表情が違うので、年間を通じて撮影が楽しい列車だが、冬の一番日の短い頃は暗闇を走る事になる。それでも少しづつ日の出の時間が早くなっていく頃は、柳津を超えたあたりからあたりが少しづつ蒼い時間を走るようになる。

薄明の里を往く・・・。あたりはまだ寝静まっているようだ・・・。

2017年1月21日 只見線 会津柳津-会津坂本

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/25(水) 00:21:27|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

闇に浮かぶ・・・

gekkoujiyoru

雪に照らされて薄らと浮かぶお寺。背後に鉄橋があり寒さに震えながら列車を待った。
雪は音を吸収するようだが、それでも遠くの鉄橋を渡る音はかすかに聞こえてくる。少しずつ明るくなってくるのは、列車のビームであろう。ゆっくりと、静かに進む列車はまるで銀河鉄道のように見えた・・・。

春は桜の花が見事なこの小さなお寺に、今日は雪の華が咲き、闇の中に浮かんでいた・・・。

2017年1月21日 只見線 郷戸-会津柳津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/23(月) 23:36:26|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凛とした空気の中を・・・

dai4yukibare

未明にしんしんと降り続いていた雪が止んだ朝の美しさが圧巻なのは、降る前との景色の違いと、朝の凛とした空気感の影響なのだろう。木々や鉄橋に積もった雪が、積もったそのままの姿なのがなんとなくうれしいのだ。まして雪晴れの朝だと太陽の光があたりの色すら劇的に変える。貴重な奥会津の晴れ間だというだけでそんな気持ちが高揚していくのだ・・・。

只見川の川面の色も季節毎に変化する。たぶんあたりの空気感を映しているのではないかと思うのだが、なるほど厳冬期の川面は鋼色だ。凛とした冬の朝の空気は鋼のように鋭く光っているのだろう。

凛とした空気の中を、列車が鉄橋を渡っていく。雪が音を吸収してしまうのか静かに、音もなく行き過ぎるのがなんとも不思議な気持ちになる・・・

2017年1月15日 只見線 会津水沼-会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/18(水) 23:20:20|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まさかの雪晴れ

oosiyukibare

奥会津はどちらかというと新潟県の気候に近い。そのため、冬になると鉛色の空と降雪が続くのである。
冬型が強まる・・・なんていうととにかくドカ雪が降ることが多い。この週末もかなりの寒気が降りてきて冬型が強まり、大雪が降っていたのだが、15日はなんか様子が違っていた。

東北道の那須や白河のあたりはものすごい雪でこれ以上走るのに危険を感じて安積PAで仮眠し、早朝目が覚めると月が出ていた。たぶん中通リだけだろうと思っていると会津に入っても月が見えていた。それでも流れてくる雪雲で雪が降っていたがだんだんと青空が見えてきた。奥会津の雪晴れって貴重であり、そして美しい・・・。

地元に住む人にとって、雪は無いに越したことはないと聞く。それくらい厳しくきついのが雪である。
それでも、より厳しいものであるからこそ、ふっと見せる表情はより美しい事がある。そんな姿を見る事ができたのがとてもうれしかった・・・。

まだ谷には完全に日が差してないが、贅沢は言うまい。こんな表情、そうそう見れるわけでもないのだから・・・。

2017年1月15日 只見線 会津中川-会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/16(月) 22:31:37|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスツリーの朝

kurisumasuturi-

もさもさと雪が降り続く様は、恐ろしいとさえ思う。
あたりが真白になり、音もしない静けさの中、このまま永遠に降り続くのではないかという錯覚を覚えるのだ。

前日の夕方に本荘入りした時、あたりは雪が少ないではなく、雪が無い状態だった。
たぶん自分が寝てから降り始めた雪は、翌日あたりの景色を白く変えていた。宿を出て前郷を過ぎたあたりから雪がもさもさと降りだした。あたりは真白で、どこが道だかわからない。慣れない土地という事もあり、本当に怖く感じた。

それでも今年は暖冬傾向なのかほどなく雪は止んだ。
雪がやむと一気に見通しがきくようになる。あたりを見回すと森の木々が一気にクリスマスツリーと化していた・・・。

2017年1月5日 由利高原鉄道鳥海山ろく線 矢島-川部

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/11(水) 23:09:00|
  2. 由利高原鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

早春の海のよう・・・

hiroto

どうみても3月下旬のような光景だが、撮影は1月4日・・・。
北海道以外では雪が少ない冬が続いているが、このあたりは雪が少ないというより、雪が無い・・・。
いつもの年なら横っ面をたたくような強い西風も吹かず、海も冬ではなく春の海のようだ・・・。

穏やかな天気は歓迎されるはずなのだろうが、その季節ならではの情景を求めている自分は、やはり無責任な旅人なんだと改めて感じた・・・。

2017年1月4日 五能線 追良瀬-広戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/10(火) 23:03:40|
  2. 五能線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飯詰は元気です!

津軽飯詰・・・。
津軽五所川原から津軽鉄道に乗って3つ目の小さな駅だ。それでも以前は列車交換の設備もある有人駅であった。
集落の片隅にある静かで小さな駅だが、古い駅舎sは常に清掃され、写真も飾ってあって実に気持ちのいい駅だ。地元の有志の方が行っているという・・・。
飯詰では獅子舞が行われ、各家を回る途中、ストーブ列車の時間に合わせて駅で舞い、津軽へ来てくれたお客様を歓迎する。
もう7年ほど続けられているという。最初はまだ小学生だった子が高校生になっていたりと、時の流れを感じると、1回目から見守っている友人が言う。飯詰の人たちが、笑顔でストーブ列車の前で待っている様は見ていて本当に楽しく、嬉しいものだ。
列車の乗客の方も、降りてきて写真を撮ったり、窓から眺めたりと楽しそうだ。

小さなことかもしれないけど、こうした事でもてなされた旅人は、きっと飯詰を好きになって帰っていくのだろう・・・

iidumenyuusen


iidumesisi1


iidumesisi3

旅を愛する人たちへ
津軽飯詰は元気です・・・
どうか、いい旅を!

2017年1月2日 津軽鉄道 津軽飯詰(3枚とも)





[飯詰は元気です!]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/07(土) 00:18:31|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する