さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

名残桜

sakurahubuki

今年の桜は異様に早かったように思う。
あくまで感覚だが、今まで首都圏の桜が例年より1週間早くても奥会津では、なんとなくつじつまを合わせるのか、ほんの数日早いだけ…というパターンが多かったように思うが、今年はそのまま例年より1週間早かった。
しかも柳津、宮下、中川とほぼ同時に満開になるってのも、見た事がなかったように思った。

今年は暖冬だったからか、鳥害もなく、数年ぶりの素晴らしい咲きっぷりだったという。
うまく休みと合わなかった今年の奥会津の桜…柳津も、宮下も見事なまでの葉桜…。
それでも会津中川の桜だけは、自分の来訪を待っていてくれたのか、辛うじて桜の花が残っていた…

名残の桜が、春の風に吹かれて美しく舞っていた…

2016年4月17日 只見線 会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/26(火) 22:48:23|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山桜の谷

nakanesakura

中根の谷は個性的な山桜の木が多くある。どうもそれらの木は、染井吉野の開花のパターンとは異なっているようだ。
あまり前触れもないようにパッと咲いて、あっという間に満開、そして散り方も潔い・・・。

1年のうち、ほんの数日間だけ、己の存在価値をアピールして、それ以外は他の木に紛れてひっそりと過ごす・・・。
どこの山桜もそんな感じなのに、ここの大きな山桜はそれが誇張されるような存在感がある。ほんの一瞬の彩りはとにかく見事だ・・・。

中根の谷の大きな山桜が咲いた。
ほんの数日のその姿に今年も会えた事がとても嬉しく思う・・・。

2016年4月6日 ひたちなか海浜鉄道湊線 金上-中根

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/17(日) 21:29:16|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麗らかな日和に誘われて・・・

kokaigawasakura

桜は満開、日差しも柔らかな春の日和・・・
そんな日和に誘われて桜の木の下になんとなく集まってくる・・・。
このあたりは雪国というわけではないが、それでも冷たい風の吹く北関東の冬だけに、春は待ち遠しいものなんだろう。

待ち焦がれた麗らかな日和に誘われて・・・
ゆっくりと時間が過ぎていく・・・

2016年4月6日 真岡鉄道 北山-益子

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/13(水) 23:11:06|
  2. コットンウェイ真岡鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花咲く駅

kamikannbai

枝垂桜がきれいなこの駅の構内はいつも花で溢れているようだ。
美しい花は、花そのものの美しさだけではなく、そこにこめられた人の想いがあり、その思いが如実に表れると思う。

そんな想いのこもった花が、降り立つ旅人を迎えてくれる。
ほんのりと優しい気持ちになって降り立つに違いない・・・。

2016年4月10日 わたらせ渓谷鉄道 上神梅

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/12(火) 23:22:49|
  2. わたらせ渓谷鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さくら色・・・

masaka

間に合った・・・
比較的咲きが早かったこの場所に着いた時に思わずそう思った。さすがに散り始めてはいたものの、なんとかボリューム感はまだ十分だったと見えた。望遠レンズで見てみると結構散っているのもわかる。それでも・・・
そう、やはりさくら色は素敵だ。春のイメージは、この色を置いてないだろうとも思う。春のイメージもまたさくら色なんだ・・・。

わたらせ渓谷鉄道はこの時期さくら色に染まったかのように、沿線では見事な桜が各所で見られる・・・。
この日は沢入まで桜を楽しむ事ができた・・・。

2016年4月9日 わたらせ渓谷鉄道 上神梅-大間々

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/11(月) 22:58:09|
  2. わたらせ渓谷鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜に見送られ・・・

kugetasakura16

初めてこの駅を訪れてから、考えてみるともう20年近い年月が経つ。その頃から「さくらの駅」という看板があったように思う。
僕はその時からこの駅を気に入って、今でも大好きな駅だ。
毎年咲く見事な桜だけでなく、地元の人が手入れをしている花壇には、芝桜やチューリップが彩を添える。それは見事な駅だ・・・。

全国のローカル線の駅には、こんな桜の木がある駅が多いように思える。
駅から巣立っていく人たちを華やかに見送り、彩を添えるということなのだろうか?
そうして送られた人は、きっとその故郷の桜を決して忘れる事はないんだろう・・・。

桜の花に見送られ、いつもの日常とはちょっと違った1日が始まる。
このローカルに乗る日とも、新しい生活を始める人もいるんだろう。
満開の桜に見送られたこの日をいつまでもきっと忘れない事であろう・・・。

2016年4月6日 真岡鐡道 久下田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/07(木) 23:03:15|
  2. コットンウェイ真岡鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

優しい町

nagasakisiden

路面電車の走る町はなんかホッとするような感覚になるのは、自分が鉄道好きだという事だけではないと思う。
その情景を眺めていても、実際に電車に揺られてみてもそうであると思う。

実は、この日降りる電停を間違え、後続の電車に一区間乗った。
乗って何気なく吊革に捕まって立っていると、目の前の坊主頭の高校生がスッと立って「どうぞ、座ってください」と席を譲られた。えっ?俺?といった感じでちょっと驚いた。とっさの事に何がどうなったのかよくわからないでいたが、思わず苦笑。彼には「ありがとう。でも次で降りるから大丈夫」そう言うのが精いっぱいだった。

この後何回か市電に乗ったが、よく見ていると高校生や若い人がスッと席を譲っているのを何回か見た。
子供の頃からそういう教えを受けているのか、それとも路面電車が醸し出す優しさなんだろうか?

路面電車が走る町が優しく感じるのは、そういった地元の方々の何気ない優しさからそう思うような気がした・・・

2016年3月30日 長崎電気軌道 長崎大学前

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/04(月) 22:14:53|
  2. 路面電車の情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜の径

ookusasakura

天気予報に反し、すっかり曇った海沿いの駅に降り立った。
海は空の色を映すので、曇っていると冴えない色だ。駅近くの1本桜は8分咲きくらい。昨日見た喜々津あたりの桜よりは咲いてるなぁ・・・なんて考えながらとことこ歩き出した。あてもなく、でも海と一緒に撮れるポイントはきっとあるという根拠のない自信はあった。
薄日は時々さすが、青空が覗かないと海は蒼くならない。ちょっと気落ちしてカーブを除くと、桜並木が線路沿いに・・・。
全体でみれば7分くらいだが、木には個体差があるらしく奥の方の桜の花の月が比較的よく見えた。次にくるのは下り列車。ならばとできるだけ望遠でひきつけるように・・・。僕の頭の中から、すっかり海の構図は消えていた・・・。

桜の径を往く・・・。やはり春は桜がいい・・・。

2016年3月29日 長崎本線 東園-大草

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/02(土) 23:06:58|
  2. 九州の鉄路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春風駘蕩

higasisono

春を待つとか、春を歓ぶという言葉は、北国、特に雪国でのそれが似合うような気がするのは、雪に閉ざされた長い冬の印象なのだろう・・・。ただ、それはあくまでも印象であって九州でも思いは同じだろう。
桜が咲き始めた西九州では海沿いの公園で子供たちの歓声が聞こえ、大人たちの顔つきも心なしか優しく穏やかに見えたのはそんなところなんだろうとふと思う。

桜が咲き始めた頃は、実は意外と花とかは少ないように思う。木々の芽吹きもあと少しといった感じだ。ただ、頬をなでる風は確実に春のそれだ。僕はやや霞み気味の春特有の空気感を感じながら静かに春を歓んだ・・・。、

人は誰も春を待つもの。季節の変わり目で、冬から春というのは妙にわくわくするのはそんな想いなんだろう・・・。

2016年3月28日 長崎本線 喜々津-東園

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/01(金) 23:43:01|
  2. 九州の鉄路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する