さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

お岩木山よ、見えだかおどう・・・

oiwakiyamanatu

そういえば、夏に岩木山を見たのって初めてだ・・・。
そう思いつつこの場所に立ったのだが、考えてみると津軽鉄道沿線で岩木山を見たのは実はこれが2回目だった。
確か以前に春に金木で見ただけで、夏はおろか、秋も冬も津鉄沿線では見た事がなかった。五能線や弘南鉄道からは何回か見ているのだが、随分と嫌われたものである。

日本海側の独立峰はそもそも難易度が高い。鳥海山とか、利尻岳もそうなのだが、岩木山のカットはよく見ているだけにわかっているけど悔しい思いを随分としたものだった。

この日は雲こそかかってはいるが、辛うじて頂上も見えているし、いいかな?なんて思ってフレーミングしていた。もっとアップでとも思ったがやっぱり青空は入れたかった。そういう所が爪が甘いのだろうか・・・。

これでも文句をいったら、お岩木山の精霊に怒られてしまう。そう思ってずっと眺めていた。眺めている間は、津軽平野の一節を繰り返し唄っていた・・・。
「お岩木山よ~、見えだか~おどう~」(笑)

2015年8月7日 津軽鉄道 川倉-芦野公園

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/30(日) 22:15:38|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

向日葵さえうなだれて・・・

himawariiidume

夏の象徴である向日葵さえもうなだれてしまう今年の夏・・・。津軽の夏も例外ではなかったようだ。
確かに昼間、日差しが出るととにかく暑い。関東のそれと変わらないようなイメージだ。

それでも、陽が落ちると暑さは和らいで心地いい風が頬をなでる。そしてこの時、津軽が燃えているような祭りが終わると一気に秋めいてくるのだ・・・。

向日葵さえうなだれる暑い夏も一瞬で通り過ぎて行くような短い津軽の夏である・・・。

2015年8月7日 津軽鉄道 津軽飯詰-毘沙門

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/29(土) 23:47:13|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅立ち・・・

hamanasu

先日、北斗星の運行が終了し、ブルートレインが伝説となった。夜行列車そのものも風前の灯で、カシオペアとはまなすも2月までは運行されるようだが、それでも北海道新幹線の開業までは走らないんだろうと思っている。

はまなすはJRでは最後の「急行列車」、座席車やカーペット車もあるが編成の色だけみるとこれもまたブルートレインなのかもしれない。そんなはまなすの発車前、お盆前という事もあってか多くの旅行者でにぎわっていた。聞けば自由席も満席で全員が着席できなかったようである。

旅人の思いや夢を乗せて、一路札幌向かう夜行列車。その旅立ちのシーンは旅心を高揚させる独特の雰囲気がある・・・。

2015年8月7日 奥羽本線 青森

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/25(火) 22:48:28|
  2. ブルートレインが往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

西津軽の蒼い海

hiroto

冬の日本海の荒々しさを見ると、同じ海でもこんなに表情が違うのかと思う。日本の四季は、季節毎の表情がはっきりしているからそれも当然だとは思うのだが、それでもここまで・・・という思いだ。
海は空の色を映すんで、晴れ間の少ない時期の日本海が鉛色になるのはわかるのだが、夏に曇ったり雨が降ったりしても、あそこまでにはならないだろう。とにかく冬にこの場所で見た表情との違いから、この海の蒼さが眩しいくらいに見えるのだ・・・。

そんな事を考えながら過ごしていると、遥か岬の海岸沿いにローカルがやってきた。青系の色の中に、タラコ色が映える・・・。

西津軽の蒼い海に吸い込まれてしまうような・・・。そんな夏のひとときであった。

2015年8月6日 五能線 驫木-追良瀬

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/18(火) 23:02:43|
  2. 五能線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

向日葵の囁き

himawariaidu

向日葵の花は、華やかで、明るくて、太陽の精霊が地上に降りてきたような・・・。

小ぶりな向日葵たちが楽しそうに笑っている。向日葵たちの囁きが聞こえてくるようだ・・・。

ただ・・・
誰も列車見ていないのがちょっと気になるなぁ(笑)

2015年8月12日 只見線 会津川口-会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/17(月) 23:07:45|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧型客車に乗って・・・

poppoya

冬のストーブ列車の季節以外で旧型客車に乗る機会はそうそう多くはないが、毎年夏の立佞武多の時期に旧型客車を使った臨時列車が運行する。残念ながら機関車が修理中とのことでメロスに牽かれての運行だが、それでも乗ってみると旧型客車の良さが際立つ。
冷房も扇風機もない車内だが走行時に窓から吹いてくる風は心地のいい津軽の風だ。
レールのジョイント音を聞きながら、風に吹かれて呑むビールのおいしかった事か!(笑)

日本最北の私鉄は、そんな旅情を掻き立てるものがある。そして津軽の人のおもてなしの気持ちが心にしみるのである・・・。

2015年8月7日 津軽鉄道 川倉


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/16(日) 23:11:41|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川霧の湧く谷

datyou

8月も半ばになると、川霧の季節も終わりとなってくる。早朝と夕方にうまく条件があってくれないと見る事が難しくなるのだ。

それでも雨が降ったりやんだりのこの日、川霧が出る事を信じてひたすら待った。
夕方に小雨が降って、それがやむとスーッと川霧が湧いてきた・・・。

日没時間の頃でもありあたりは暗く、あたり空間も蒼く染まってくる。
蒼く染まった川霧の湧く谷の静寂を破って列車が駈けていった・・・。

御霊祭りやお盆が過ぎると、奥会津も秋めいてくる・・・。

2015年8月13日 只見線 会津水沼-会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/15(土) 22:40:21|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

また来らっしぇ~

tadami

JR只見駅内にある、只見町観光まちづくり協会のインフォメーションセンターでは、列車が発車する時に職員の方が手を振って列車を見送る。ちぎれんばかりに手を振って、旅立つ人を送りだす・・・。

列車で旅をしていて、地元の方に手を振っていただく事は、旅人にとってこの上なく嬉しいものだ。
素朴だけど、最高のおもてなしのようにも思うのだ。

「また来らっしぇ~」
「また来るよ~」
そんな声が聞こえてくるようだ。

地元の方と旅人がひとつになるような・・・。ローカル線の旅の醍醐味だと思う。

2015年8月12日 只見線 只見

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/14(金) 23:15:36|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の情景

kanagi

自分は夏が苦手だ。夏の暑さが苦手だ・・・。
でも、夏の情景は嫌いではない。なんでだろう・・・。
向日葵、入道雲、夕立、海、川、花火、夏休み・・・。どれも子供の頃の印象だ。そして今もそうした情景を追い求めている自分がいる。

子供の頃、夏は永遠のように思えた。だから、夏の終わりはいつもなんとなく寂しさを感じる。たとえ苦手な夏でもだ・・・。

それにして今年の夏はいつになく厳しいと思う。連日の猛暑にふと思いだすのが5年前の晩夏、津軽で過ごした熱い週末の事だ。
あの時もやたら暑かった。普段あまり食べない自分でも、あの時のガリガリ君のおいしかった事が蘇ってくる。

夏の印象、夏の情景・・・。今年も感じるままに探してみようと思っている・・・。

2010年8月29日 津軽鉄道 嘉瀬-金木

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/03(月) 22:42:53|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する