さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

旅を愛する人たちへ・・・

oyako

ほんとうに楽しそうに、お母さんへ何を話しているんだろう・・・。
今までの楽しかった旅への感じた気持ちなのか、それともこれからの旅へのワクワクする期待なんだろうか・・・。

旅を愛する人たちへ・・・。どうか、いい旅を!

2014年7月19日 東海道新幹線 名古屋

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/28(月) 01:19:16|
  2. 新幹線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

眼差し・・・

nagoya

ファインダー越しに見ていて震えがくるくらいかっこいいって思うのは、安全を確保するべく、その業務を全うしようとする真剣さ、そしてそんな鉄道員(ぽっぽや)の誇りなんだろうな・・・。

ガキの頃から憧れていた。鉄道員のその立ち振る舞いは、おっさんになった今でも心を鷲掴みされるような気持ちになる。

美しく、そしてかっこいい・・・。鋭い眼差しがそう感じさせるんだろう・・・

2014年7月19日 東海道新幹線 名古屋
  1. 2014/07/24(木) 21:31:51|
  2. 新幹線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の風に吹かれて・・・

mookaeki

曇ってはいたがなんとも蒸し暑い日だった。それでも駅の待合室は風の通り道になっているのか心地いい風がそよそよと吹いていた。列車が車でまだ時間もあるが、なんとなくこの場所にいるのがわかる気がする。

夏の風に吹かれて、ゆっくりと流れる時間に身を任せる・・・。

もうすぐ夏休みだね・・・

2014年7月14日 真岡鉄道 真岡

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/22(火) 00:44:52|
  2. コットンウェイ真岡鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間旅行

kyuurokukan

そういやこんな光景、見た事あるよなぁ・・・
この場所でファインダーを覗いてふと思った。見たといっても実際に見たわけではなく、写真で見た。
C55のプレートが見えていた。宗谷本線のローカルの写真なんだと思う。ただその写真には当時の乗客も数名写ってはいたが・・・。

真岡鉄道の真岡にあるキューロク館に保存されている旧型客車と9600型の蒸気機関車である。シートに座ったりファインダーを通じていろいろ見て写して・・・。
そしてこの光景を見つけて固まってしまった。子供の頃に憧れていた蒸気機関車牽引のローカル列車がファインダー越しに蘇ったのだ。確かに動いてるわけでもなく、乗客が普通に乗っているわけでもない、普通の保存車両なのに・・・。

僕はファインダー越しに時間旅行をしたんだ。ほんの少し時の旅人になったんだ・・・。そう思っている。

2014年7月14日 真岡鉄道真岡 キューロク館

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/14(月) 23:45:43|
  2. コットンウェイ真岡鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タブレット交換

taburetto

タブレット閉塞が行われていた只見線、自分が撮りだした頃は学生時代に見た光景がそのまま展開されている事に感激して、随分と撮らせていただいた。2001年に蒸気機関車が運行された時、やはり蒸気機関車とタブレット交換は是非抑えたいと思っていた。ただ、みんな同じことを考えていたらしく、当時の交換駅では駅員さんの周りにカメラマンがぐるっと囲んでの撮影会状態だったという・・・。
それでもやっぱり旧客牽引の蒸気機関車でのシーンは撮りたいんで何回かはチャレンジしてみたけど・・・。
タブレット交換を撮るなら会津川口のような島式ホームより、坂下や宮下のような対面式のホームの方がうまく撮れる。運転席がホーム側になるからだ。この日はちょっと早めに行って当時、知り合いだった助役さんに話をして撮らせてもらった記憶がある。(入場券は購入しています。)ホームでの撮影者は自分ひとりだったけど、このシーンをしっかりと撮れてやたら感激していたよなぁ・・・。

ふと見つけた写真でそんなことを思い出した・・・。

2005年8月7日 只見線 会津坂下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/11(金) 16:45:30|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DE10雑感

de10

只見線全通40周年記念号を牽引した機関車はおなじみのDE101124だった。
SL運行初期の頃の補機を務めたのもこの機関車だし、秋に走る落ち葉掃きもこの機関車が担当する。何年か前に見た工臨もこれが牽引したっけ・・・。かつてはお召列車も牽引した会津の機関車だ。

子供の頃、総武線でDE10をちょくちょく見かけた記憶がある。成田線を走っていた客車列車もDE10牽引だった。
この左右非対称の機関車の形が好きでこれを見るとうれしかった。当時同じように見ることができたDD51よりも好きだった。
DE10は入換え用として各地で活躍していたけど、でも自分はこの機関車はローカル線がよく似合う。3両の旧客を牽いたこの時も只見線の風景に実にマッチしていた。できれば数量の2軸貨車を牽くローカル貨物も見てみたいけど、それはかなわぬ夢のようだ・・・。

只見駅で機関車の機回しをする。機関士さんの鋭い眼差しの先には、安全を守る鉄道員(ぽっぽや)の誇りが見えている・・・。

2011年7月24日 只見線 只見

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/07(月) 22:59:03|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

緑に映える・・・

yoriiwade10

この時、既に梅雨が明けていたのか、それとも梅雨の晴れ間であったのか、その記憶はない。
ただ、夏の強い日差しが山の緑をよち深く見えるように照らしていたことを覚えている。
そんな山の緑が只見川の水面にも映って夏本番を思わせるような・・・。そんな日だった。

一面の緑の中、機関車の赤が浮かび上がっていた・・・。

2011年7月23日 只見線 会津塩沢-会津蒲生
  1. 2014/07/07(月) 00:57:15|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入換えの風景

tadami40nen

機関車が客車を曳く、そんな客車列車ってうまく言えないけど鉄道の基本のような気がする。
そんな客車列車の機関車の入れ替え作業は見ていて飽きないものだ。機関車や人の動きを見ているだけで、とにかく時間を忘れてしまう。子供の頃もそうだったなぁ・・・。とにかく興味深く見つめていたような記憶がある・・・。

この時もカメラを片手に入換えの風景をのんびりと見つめていた。知り合いを見つけてあれやこれやと話をしながら、時折カメラを向けて楽しく過ごしたものだ・・・。
この数日後から降り続いた雨で只見線は3つの鉄橋が流されるという大きな被害を受けた。この時はそんな事が起きるなんて思いもよらなかった・・・。

あれから3年。今年も7月がやってきた。只見線は未だ全線復旧の見込みすら立っていない・・・。

2011年7月23日 只見線 只見

  1. 2014/07/05(土) 10:59:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会津平の光景・・・

aidutairanatu

会津若松を中心とする会津盆地、地元の人はよく会津平と呼んでいるのを聞く。
この会津平という呼び方が妙に気に入って意識的にそう使っていたが、最近ではすっかり会津平と不通に呼んでいる。
只見線が奥会津から降りてくると車窓の雰囲気が一変する。山間を走っていた只見線が、一気に田園地帯を走るようになるんだ。

田圃の中、それでも寄り添うようにしている集落の光景がなんかホッとする。人々の営みが見えるようだ・・・。
会津の集落の光景はやっぱりとても素敵だなぁとしみじみと感じる・・・。

2012年7月21日 只見線 根岸-会津高田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/03(木) 23:08:37|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する