さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

霧の舞い・・・

dai2_422

ほんの1時間前は川霧は出ていなかった。ロケハンをして戻ってきたら正に「湧く」という表現がぴったりのような感じだった。川霧は一時として同じ表情はないって、そして出るも消えるも瞬く間・・・。過去の経験からわかっていたつもりでもいざこのような状況を目の当たりにすると妙に気持ちが高ぶってくる。久しく川霧もご無沙汰だったからなおさらである。
夏至からそんなに経っていないこの日、6時とはいえ陽はだいぶ高く気温も上がってきている。消えるな!と祈るような気持ちで列車を待つ。気温上昇の影響か霧が少しづつ上がってきているように見えた。川霧が舞っているように・・・。そんな霧の舞いを見ていると踏切がなり、静寂を切り裂くように一番列車が鉄橋を渡っていった・・・。

2013年6月27日 只見線 会津宮下-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/30(日) 00:21:17|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立葵・・・

hinohara

立葵といえば梅雨時の花。下から咲いていく花が上まで咲いたら梅雨が明けるという。
ただこの花も撮影するなら晴れた日がいい。半逆光で透かしたくらいがとてもきれいに映える。だから梅雨の晴れ間に撮影日が「重なるとついついこの花を探してしまう。

梅雨の中休み、見事に晴れた奥会津。そんな青い空に立葵の花が見事に映えた。
まだ上の方に蕾が結構あるから、梅雨明けはまだ先になりそうだ・・・。

2013年6月27日 只見線 会津桧原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/28(金) 22:35:02|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏の金山谷

syokadaiyon

霧が覆い被さるように垂れ込める朝はちょっと重苦しい印象もあるが、こういった朝は7時とか8時頃になると晴れる事が多い。およそ1ヶ月ぶりに訪れた奥会津はすっかりと春から初夏へと移ろっていた。
冬が終わり、春になると奥会津の季節の移ろいは加速度が増す。1週間いや、1日でもその変化がわかる事もあるのだ。
いつも間にか、山藤やうつぎも咲き出した。梅雨、川霧の時期を経てあっという間に短い夏へと移ろっていくのだろう・・・。

2013年6月1日 只見線 会津中川-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/18(火) 00:08:37|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

あじさい急行

koyamatu

まだいすみ鉄道に国鉄型キハが来ていなかった頃から、小谷松駅の紫陽花は結構有名だったように思う。とはいってもここで撮影者に会ったところで2~3人くらいだったけど。
小谷松の駅は確かに見事な紫陽花が咲くが、意外と列車と絡めるアングルは撮りづらい。線路がまっすぐだったり、木が結構あって意外と引きが取れない。

まだちょっと早かったここの紫陽花。それでも上り列車の先頭に立つ急行色のキハ28を狙うべく8人の鉄が集まった。自分もそのうちのひとりなのだが・・・。

急行の方向幕も凛々しくやってきた急行色のキハ28・・・。かっこいいよなぁ。紫陽花の花を従えて入線するあじさい急行だ、そんな風にわくわくして迎えた自分の心はすっかり少年時代のそれと同じになっていた。

2013年6月8日 いすみ鉄道 小谷松

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/16(日) 21:14:16|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

通学列車

kuniyosi

土曜日というのに結構学生がいるんだなぁ・・・。部活だろうか、それでも楽しそうな笑い声が聞こえる。
地元の鉄道に乗って地元の高校へ通うっていうごく当たり前の事なんだけど、君たちはまだそのかけがえのないと言うことに気がついていないかもしれない。やがてこの地から巣立っていくだろう君たちが、いすみ鉄道で学校に通ったという日常の素晴らしさをいつか気がついてくれるんだろうな・・・。
そんな事を想いながらシャッターを押した・・・。

紫陽花の花に迎えられ、通学列車がやってきた・・・。

2013年6月8日 いすみ鉄道 国吉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/16(日) 00:24:59|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晴天下の紫陽花

nisiooharaajisai

持っている人・・・、そういう人が鉄道写真界にいるとすれば、自分は持っていない方なんだな・・・って最近思うことが多い。晴れて欲しいと曇り、雨が欲しいときは晴れる・・・。特に紫陽花に関してはここ数年晴れか曇りの日が多い・・・というかそればっかりのように思う。(尤も去年夏、8月の津軽線の紫陽花はしょうがないとも思うが・・・)
紫陽花は雨が似合う花。咲く季節がそうなのだが、シトシトする小雨がいい。しっとりとした色合いが小雨に遭うし花や葉につく水玉の風情は四季が豊かな日本ならではではないかとも思うのだ。

この日の大多喜周辺の予報は曇り一時雨だった。一時とかところによりとか抽象的な表現が多い天気予報だが、やはりその一時が列車の通過時とビンゴするのを期待して出撃。しかし曇りベースとは言え、日差しが差す、気象学的には晴れではないかと思うような天気だった。

晴れて文句をいうから罰があたるのかもしれないけど、やっぱり自分は持っていないんだと痛感した。バックの山はマンダーラだし。

それでも紅い紫陽花の株だったからか、晴天下でも悪くはない。そう思って、晴れたことに感謝しないと今後晴れて欲しい時に絶対曇るような気がする。
千変万化する自然や天候のもと、どのような条件でも思うままに撮れるようなアームがあれば問題ないんだけどね・・・(笑)

2013年6月8日 いすみ鉄道 西大原-上総東

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/14(金) 21:30:24|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

どんぐもりの下の新緑

sinryoku

撮影をしていて気がつくと空には雲が広がりすっかりどんぐもり・・・。
意気消沈し帰ろうと思いつつ列車がくるんでカメラを構えた。普通に撮ってもしょうがない。50mmを取り出し開放で・・・。露出は開け気味で・・・。
こんなもんかと思いつつ、こうしてレンズ沼に嵌っていくのかなぁと感じた時だった(笑)

2013年6月1日 只見線 早戸-会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/14(金) 00:23:30|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麦秋の頃の稲・・・

hukan

麦の穂が実り麦秋の趣の頃、稲はすくすくと伸びていく。もう早苗ではない・・・。遠くから見ても田圃の水面は見えないくらい伸びている・・・。あと3ヶ月もすれば中根の谷は黄金の海になる・・・。

2013年6月4日 ひたちなか海浜鉄道湊線 中根-金上

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/10(月) 23:55:50|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

麦とさつまいも

mugitoimo

麦の間にさつまいもの苗・・・。これも意味があるという。理由は失念してしまったけど・・・(笑)

茨城県、その中でもひたちなか市は日本一の干し芋の産地だと聞く。おまけにそれがめちゃくちゃ美味しい。
湊線の沿線でさつまいもの畑を見るとなるほど・・・と思う。
こういった光景がその土地の風土なんだなぁ・・・。撮影旅行の楽しみでもある。

ただ、自分はこれを見て・・・。「芋焼酎と麦焼酎」なんて思っていた・・・(笑)

2013年6月4日 ひたちなか海浜鉄道湊線 磯崎-平磯

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/08(土) 23:36:48|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

麦の海を往く・・・

bakyusyukyuugata

麦秋の頃、やはりこのコンビとのコラボが撮りたかった。
留萌炭鉱鉄道で走っていたこのコンビ、日本で現存するキハ22と同型の気動車だ。学生時代に北海道で乗りまくったキハ22の感触を思い出しながら乗ったり撮ったり・・・。
この2両は留萌炭鉱鉄道の時代もこんな風に手を取り合って走っていたのだろうか・・・。想いを馳せる・・・。

見事に実った麦の海の上を滑るように駈け抜ける・・・。

2013年6月4日 ひたちなか海浜鉄道湊線 磯崎-平磯

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/08(土) 00:52:39|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

麦秋

isozakibakusyuu

初夏の声を聞き、梅雨へと季節が移ろう頃はやはり目に映り牽かれるのは麦の秋・・・。
麦からしてみれば別に秋に実るわけでもなく、もともと初夏に実るものなんで稲を基準にそう言われるのを快く思っていないかもしれない・・・。
それでも緑の中の黄金の区画はやはり目を引くものだ。この時期の一番の色なのかもしれない。

麦といえば真っ直ぐに伸びるというイメージがあるが、近寄って覗いてみると、意外と自由奔放に向いている・・・。これはこの日の風の悪戯なのかもしれないが・・・。

2013年6月4日 ひたちなか海浜鉄道湊線 平磯-磯崎

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/06(木) 23:54:09|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

光の谷を往く・・・2

dai2gira

太陽の位置は結構変わるもの。少し時間が経つと川面が煌めくのを見られる位置も変わってくる。
あーでもない、こーでもないと太陽の位置を見ながらその位置を探していく。ちょっとアングル的に厳しいかもしれないけど、光の谷を往くというイメージが表現できたように思える。

2013年6月1日 只見線 会津宮下-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/04(火) 22:39:19|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光の谷を往く・・・

dai2kirakira

太陽の位置って結構重要で、太陽の位置と地形の関係、更に列車が通る時間がうまく合わないと見れない光景がある。1年のうちでほんの少し・・・。そんな情景を求めて何年も通う。ダメならまた来年の宿題。もっともそんな宿題なら何年でもトライできる。

朝陽を一杯に浴びて煌めく只見川・・・。光の谷を渡る銀河鉄道のよう・・・

2013年6月1日 只見線 会津宮下-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/03(月) 23:24:45|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

季節は初夏へ・・・

dai4huji

「なんか今年は天候がへんだったからか、桐の花も桜みたいに全然ダメだぁ・・・」
またまたご無沙汰になった双葉食堂で雑談の中から聞いた言葉だ。この日は昼は暑いくらいの陽気だったが、ここのところは肌寒い日が続いていたらしい。雪も多かったし冬から春は大変で変な気候だったようだ。
久々に桐の花を見たくて訪れたのだが、葉ばかりが茂って花があまりついていない。ついている木も無いことは内のだがほんの少しだった。桐の花は数年おきに素晴らしく咲く年と不作の年が巡るのは自分の経験値から感じている事。過去にも同じような経験はしたことはあった。そして今年はそういう年の巡りなのか、この冬から春にかけての不順な天候の影響なのか・・・。

それでも山藤は結構見る事ができたがやや遅かったようだ。そうでなくても淡い青紫の花が心なしか少しあせてきているように見えた。木々の緑も濃くなってきた。遅い田植えが終わった田圃の早苗も伸びてきて季節は短い初夏の趣の奥会津だった・・・。

2013年6月1日 只見線 会津水沼-会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/02(日) 11:41:20|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する