さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

水温む・・・

kawamasirokaki

今年の桜は開花が早い。その桜がまだ咲きそろわないというのに川間では早くも田圃に水が入り代掻きが始まっていた。もう水が温む頃なんだろう・・・。
房総の田圃は8月には刈られる。稲刈りも早いがこうした準備も早いというのが温暖な房総らしいところだ。最も桜の開花は首都圏よりも遅いが・・・。

小湊沿線でも川間の代掻きが一番早いように思える。桜や菜の花ばかりでなく、田圃もいよいよ春の装いになっていく・・・。

2013年3月26日 小湊鉄道 上総川間

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/30(土) 23:07:07|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桃の花を見つけた

momonohana

あれ?桃の花が咲いてる・・・
何気なく線路際の桃の花を見つけた。桃と言えば中央線沿いの新府の桃源郷とか、長野電鉄の夜間瀬や上条とかを思い浮かべる。東北か甲信越っていうイメージだ。だから房総半島の真ん中あたりではまったくのノーマークでもあった。
もっともここにある桃の木は3本。とても桃源郷という趣ではないが、房総のちょっと新鮮な春を見つけたのがなんだかうれしかった・・・。

2013年3月26日 小湊鉄道 上総鶴舞-上総久保

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/28(木) 23:29:01|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜が咲いた 2

turumai

房総半島は温暖なイメージがあるが、桜の開花は首都圏よりも1週間ほど遅い。22日に東京の桜が満開になったと報じられて4日ほどたった時に房総半島の真ん中あたりに来てみたが、馬立で8分、高滝や鶴舞で5~6分、里見で3分、飯給や大久保、月崎では咲き始めといったところだった。
それでも桜の開花は例年よりも早く、菜の花とのコラボが各地で見られる事であろう・・・。

房総の春てこんなのイメージってこんな感じかなぁ・・・

2013年3月26日 小湊鉄道 上総久保-上総鶴舞

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/27(水) 20:14:14|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンライトシャワー

kawagutihassya

3月になって陽もだいぶ高くなってくる頃だ。
それでもまだ斜光の趣の光のシャワーを浴びる情景は実に美しい。
太陽の光を目一杯浴びる・・・そう、サンライトシャワーだ・・・

既に春の光を浴びて列車が発車していく・・・

2013年3月17日 只見線 会津川口-会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/27(水) 01:08:58|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真展「心のふるさと奥会津 心をささえる只見線」会期延長のお知らせ

現在いすみ鉄道沿線の国吉駅近くの「いってんべぇ国吉」で開催しております只見線&奥会津写真展「心のふるさと奥会津 心をささえる只見線」の会期が延長されます。3月30日で終了の予定でしたが、4月20日まで会期が延長されます。これからは菜の花や桜の素晴らし情景を見る事ができるいすみ鉄道沿線です。
撮影や乗り鉄のおりに是非お立ち寄りいただき、奥会津や只見線の素晴らしい情景を堪能いただければうれしく思います。
尚、3月よりいってんべぇ国吉の営業日が変更になっておりますのでご注意ください。
営業は、金土日曜日となっております。

syasinten

2月3日、いすみ鉄道の国吉駅で雪祭りが開催されます。その時の雪は奥会津の金山町(只見線でいえば、会津水沼~会津大塩)から運んで来るといいます。そこでこの機会に房総の方々にもっと奥会津を知って頂こう、只見線の事を知って頂こう、又一昨年の水害により一部区間が不通になり、復旧の見込みが立っていない事、又その事が関東ではあまり報道されておらずにいる事からもっと只見線や奥会津をアピールしたいと奥会津や只見線をこよなく愛する写真家の有志で写真展を企画しました。50点ほどの写真の展示の他、現在の状況や昔の只見線の写真、奥会津のPR等も行う予定」でおります。
どうかこの機会に、奥会津や只見線をもっと知っていただき、感じて頂ければうれしく思います。

私も縁あってお誘いを受け数点出展する予定です。
いすみ鉄道周辺を散策し、会場に足を運んでいただければ幸いです。

写真展「心のふるさと奥会津 心をささえる只見線」
~奥会津を愛する写真家たちによる写真展~
出展予定者(順不同 敬称略)
宇尾野 智 油井 拓磨 北内 泰久 峯崎 和貴 遠藤 真人 衣斐 隆 鈴木 公久 星 賢孝 佐藤 武志 中山 雄司 大藪 琢也
会場 街の駅 いってんべぇ国吉
   いすみ鉄道国吉駅より徒歩約3分
期間 2013年2月3日(日)~4月20日(土)
   10時~16時 月曜~木曜休館 入場無料

aisatu

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/26(火) 21:22:06|
  2. さすらいの美学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木の温もり

mizunuma2

日に日に雪が減っていく。春の訪れが近いことを実感する。
森に積もった雪はまず木の幹の周りから溶けていく。そこに土が見え草が芽吹く・・・。
こんな光景を見ていると、木には温もりがあるんだなぁと感じる。冬の眠りから覚め、芽吹く準備をしているのか、木の持つ暖かさから雪が溶けていく・・・。木が、森が春を連れてくるようだ・・・。

2013年3月16日 只見線 早戸-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/24(日) 22:49:44|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪しろ

yukisiro

清冽な雪しろが流れる様は、正に春の便りのようだ。
山に積もった雪が解け出して川に流れ出る。長い間雪に姿を変えて眠っていた水が、元の姿にもどって大地を巡る。水の恵みに感謝!春の恵みに感謝!

2013年3月17日 只見線 早戸-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/23(土) 23:05:43|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜が咲いた・・・

itigayasakura

この冬の寒さでは、桜は今年は遅いだろう・・・。2月頃はそう思っていたけど、いざふたを開けてみると記録的に早い開花となった首都圏の桜。今日22日に東京の桜が満開になったと発表された。例年より12日ほど早く、観測史上2度目の早さだという・・・。
それでもやっぱり桜の花はいいものだ。日本人の血なんだろう、桜が咲くとワクワクする・・・。

これから列島を駈け抜ける桜前線、北上するのも早め早めになるのだろうか・・・。
今年はどこでどんな桜を愛でる事ができるだろうか?とても楽しみである・・・。

2013年3月21日 中央本線 市ヶ谷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/22(金) 23:40:54|
  2. 首都圏鉄道情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早春賦

mizunuma

もう冬というより早春の候といった朝だ。考えて見ればもう3月も半ばである。麓の郷では梅が盛りを迎え、菜の花の便りも届く頃である。
春は名のみの風の寒さや・・・。早春賦という唱歌でそう歌われているがこの日の朝はそんな寒さや風邪の冷たさも感じない朝だった。そんな日差しに誘われてちょっと高い所から只見線を見下ろしてみた。日に日に雪間が拡がっていくのがわかるようだ・・・。
早春賦では、谷の鶯は時にあらずと声も立てずと唄われているが、なんとなく鶯の唄が聞こえてきてもいいなぁと感じていた。実際に奥会津の谷に鶯の唄が聞こえるのはもう少し後なのだが・・・。

2013年3月17日 只見線 早戸-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/20(水) 22:57:59|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪晴れの朝

nakagawa

3月になり、日が長くなってきたとはいえ、8時半過ぎだと山間の集落はまだ一部が影の中だ。
それでも晴れの日が増えてくるこの頃、雪融けが始まり春が近づいてくる。日差しも柔らかくそして心なしか紅就く感じる雪晴れの朝だ・・・。

会津の独特な屋根の集落は見ていてなんとなくホッとする。あと1ヶ月半くらいで中川の駅の桜が咲く春が来る・・・。

2013年3月16日 只見線 会津中川-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/18(月) 22:41:44|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝焼け

asayake

夜走りをしてみしま宿に着き仮眠。そうなった日はだいたい第2橋梁から撮影を始める。ただ3月にここで朝焼けの光景に出会った記憶がないのはなんでかなぁ・・・。そんな事を考えながら列車を待った。
3月は日も長くなるので舟鼻峠を越えてもっと川口寄りで撮っていたのかもしれない。どうでもいいことなんだけど・・・。最近は仕事が終わるのも遅くなり高速を使うことが多くなったからなんだろうなぁ。
ただもう少し早い時期だったら・・・、もっと妖しい色に空が燃えていたのだが・・・。

1ヶ月ぶりの奥会津。とにかく劇的に雪解けが進んだ・・・。それが第一印象だった・・・。

2013年3月16日 只見線 会津宮下-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/17(日) 22:52:35|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅は咲いたか・・・2

kurokoume

白梅はとても難しい被写体だと思う。小さな花と淡い白・・・。何回も撮っているのだが、どうも満足のカットというのは少ない。今回もそうなのだが、ファインダー越にみているといいのだが、実際に撮って見てみるとどうもうまくいかないのだ。ピントの位置だったり露出だったり、もちろん全体的な構図もそうだ。
写真は引き算とよく言われるが、ここは目一杯の花み目を奪われずもっと花とか花のついている枝を切り取った方がよかったのかもしれない。列車とのバランスも考えなければならないけど・・・。
というわけでまた宿題だ・・・。といいつつ楽しみが増えてちょっと喜んでいる自分に気がついた。
また新しい春を探す理由が増えたって・・・。

2013年3月12日 関東鉄道常総線 太田鄕-黒子

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/14(木) 23:58:18|
  2. 関東鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

梅は咲いたか・・・

mitumaume

梅って2月のまだまだ寒い頃に咲き出す。僅かな春の気配を微妙に感じるのだろうか・・・。一番に春を感じる花のような気がする。
今年は梅の開花が遅かった。それだけ冬の寒さが厳しかったんだろう・・・。
でもやっぱり春は来る。3月になって、東京や千葉よりほんの少し遅れて北関東の地にも梅の便りが届いた。
気がつくと以外と梅の木が多い。いろいろなところで梅の淡い白色の花がまだ色の無い地に春の彩りを感じさせてくれた。

2013年3月12日 関東鉄道常総線 中妻-三妻

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/13(水) 20:20:50|
  2. 関東鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あまりにも重い・・・

hideya

白鳥が羽ばたくように大きく翼を広げているような棒掛山の山容をバックに阿賀川を渡る貨物列車・・・。
ただ美しい光景の中を走っているこの列車の運んでいる物はあまりにも重い・・・。

この列車の事を聞いた時、純粋に撮りたいと思った。正直言って趣味的な興味があったのは確かだ。3月の代休が取れたので誰にも言わず黙って磐越の地に向かった。(現地では何人かの知人と出会ったりして苦笑したりもしたけど・・・。)

ただ実際の姿を見るとやはり身が引き締まる思いだった。とにかく背負っている物の重さが違う!そう感じた。普段見る列車とは発するオーラが違うといった感じだ・・・。

阿賀の谷にDLのホイッスルが木霊する。重厚な音を立て鉄橋を渡っていった。機材を撤収する前に無意識に深く一礼している自分に気がついた・・・。

2011年4月6日 磐越西線 鹿瀬-日出谷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/12(火) 22:11:03|
  2. 磐西旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花は咲く・・・

bansairinka

今年も3月11日が来ました。あれから2年です。
自宅でテレビを見たりして過ごしていますが、あの時やその後の事が頭の中を巡っていきます。
地震の瞬間、無我夢中で職場を走り回った事、職場から見た市原のガスタンク火災の火柱・・・。
その後のなんともいえない焦燥感・・・。続けていた仕事でもらったお客様からのメールに救われた思い・・・。
様々な事が頭をよぎります。

あれからもう2年なのか、まだ2年なのか、自分でもよくわからないのですが多くの人々の尊い命が失われた事、そしてまだ不自由な生活を余儀なくされている方々が大勢いる事実はあり、より多くの悲しみとか、つらい現実があるわけで、それは厳粛に受け止めなければならないのでしょう・・・。

忘れてはいけない。自分のあの時の思いとか、今の現実とか・・・。
何かの形で携わる事ができたら・・・。そして今も無事に暮らしていける事、命あることの感謝を込めて、決して忘れずに大切に生きていきたい・・・。

写真は絶たれたルートを迂回して被災地へ燃料を運ぶ臨時の貨物列車です。趣味的興味で行った事は確かですが、その姿を目の当たりにすると厳粛な気持ちになりました。シャッターを押した後、手を合わせて感謝の意を込めて、道中の無事を祈ったのを覚えています。


bangeringo

花は咲く

花は咲くプロジェクト
作曲:菅野よう子
作詞︰岩井俊二

真っ白な 雪道に 春風香る
わたしは なつかしい
あの街を 思い出す
叶えたい 夢もあった
変わりたい 自分もいた
今はただ なつかしい
あの人を 思い出す
誰かの歌が聞こえる
誰かを励ましてる
誰かの笑顔が見える
悲しみの向こう側に
花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
わたしは何を残しただろう

夜空の 向こうの 朝の気配に
わたしは なつかしい
あの日々を 思い出す
傷ついて 傷つけて
報われず 泣いたりして
今はただ 愛おしい
あの人を 思い出す
誰かの想いが見える
誰かと結ばれてる
誰かの未来が見える
悲しみの向こう側に
花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
わたしは何を残しただろう

花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
わたしは何を残しただろう

花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
いつか恋する君のために

改めまして東日本大震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、今のまだ不自由な暮らしを強いられている方々が1日も早く平穏な生活に戻りますように・・・。心からお祈り申し上げます。

2013年3月11日 さすらいびと拝

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/11(月) 14:46:00|
  2. さすらいの美学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

信越本線を駈けた・・・

miyota

あまり詳しくはないけど、169系は国鉄時代の信越本線の時代から、第三セクターになった今の時代もこの地で生き抜いてきた車両だという。ずっと信越本線を駈け抜けてきたがいよいよこの地を離れる事になる。定期運用から離脱し、さよならイベントまで・・・。春にはその勇姿も見られなくなる。
走り慣れた「信越本線」を駈け抜けるのもあとわずかだ・・・。

2013年3月6日 しなの鉄道 平原-御代田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/09(土) 23:25:57|
  2. しなの鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅間山遙か・・・

asamayama169

考えて見れば湘南色の急行って憧れだった。赤羽や上野でみた急行、房総半島を駈け抜けた循環急行とか憧れを抱いて見つめていたっけ・・・。
いつの間にか急行列車は淘汰され、この色の急行型の車両は消えていった。信州の地で復活した169系の湘南色に僕はときめいた。3両って物足りなさはあったが平成の世に再び目の当たりにする事ができた喜び・・・。
かつてこの地を走った急行信州や急行妙高をほんの少しだけ彷彿とさせるような情景・・・。
青い空と鮮やかに浮かぶ浅間山を従えて察そうと走り去っていった・・・。

2013年3月6日 しなの鉄道 御代田-平原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/08(金) 00:35:56|
  2. しなの鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極北のラッセル 3

toyotomio-ba-kurosu

未明からの雪はあまり積もらなかった。ただ北海道の雪は軽く、フランジャやウィングにすこしでもかかれば大きく舞い上がっていく。そんな光景も北海道のラッセルならではでないかと思う。
どうも宗谷ラッセルを通われている方々はこのくらいでは満足しないとも聞く。ということは満足いくシーンってどんななんだろう・・・。
実際見てみたいとも思うが、そうなったらまたまた泥沼に嵌りそうだ・・・(笑)

2011年2月19日 宗谷本線 豊富-下沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/06(水) 21:22:21|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極北のラッセル 2

yuutio-ba-kurosu

朝方から雪が降り出した。粒が大きいちょっと極北らしからぬ雪だった。
それでも雪はみるみる積もる・・・。視界も遮られるような雪の中、かすかにエンジン音が聞こえて来る。
来た・・・神経を集中してファインダーを覗く。案の定カーブの奥はピントも合わず撃沈。慌ててワイド側にズーミング・・・。
極北の地にしては重い雪だったんだろう、イメージ通りとはいかなかったけど、それでもラッセル初心者の自分にとっては満足いくシーンが撮れたと思っている・・・。

2011年2月19日 宗谷本線 抜海-勇知

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/03(日) 23:20:36|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する