さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

タブレット雑感

banngetabu

今更ながらですが・・・(笑)
只見線のタブレット閉塞が終了し、22日にそのイベントが行われました。
行ってみたいとちらっとも思いましたが、お彼岸で墓参りしなきゃいけないし、夕方はクラス会があったしというわけでイベントへはいきませんでした。

只見線に通いはじめた頃、宮下の駅でタブレット交換をしているのを見てとても感激した記憶があります。学生の頃に北海道のローカル線で見た光景がそのまま目の前で展開されている事に・・・。
只見線のロケとともにそうした鉄道情景に感激し、その後どっぷりとはまってしまったものでした。
それからは半ばあたりまえのようにその光景を見てきました。本当に素晴らしい鉄道情景だと思っていました。

タブレットがなくなるのは聞いていました。実際若松-坂下や小出-大白川は既に変わっていたし、昨年秋に不通だった宮下-川口で工事をしていたのを見ていました。覚悟はしていたんですけどね、でもこれは時代の流れなんですよね・・・。そう思うことにしています。

自分が只見線に通って居た頃は当たり前のように行われていた情景でした。交換シーンもそうですが、あの輪っかを方にかけて列車を見送るシーンもほんとうにかっこよかった・・・。
だから・・・
イベントで見るシーンではないんだとも思っています。だからイベントへ行かずに過去の写真を見て、琥珀色のグラスを傾けつつ思いを馳せているのもありだよな・・・そう感じています。

でも、やっぱりこのシーンが、鉄道情景が消えてしまったのは本当に残念です。今本当に思っています・・・。

miiyasitaakatukasan

2枚とも
2006年8月10日 只見線 上:会津坂下 下:会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/26(水) 21:13:42|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

豊穣の頃・・・

gonoukou

実りの頃ってなんかワクワクする。一面黄金色に輝く田圃を見ているとなんでかわからないがワクワクするんだ。田圃を渡る秋風がほんのりと稲の香りを運んでくる。そんな中に身を任せていると遠くで踏切の音がして客車列車がやってきた。
なにかをついばんでいたのだろうか、カラスが一斉に飛び立った・・・

2012年9月16日 津軽鉄道 五農高前-津軽飯詰

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/26(水) 00:13:36|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜汽車・・・ 3

nakazatobarubu

静かな夜の津軽中里駅に佇む・・・。
息を呑むというのはこういうものか・・・そう思うほど荘厳で神々しいまでに美しい・・・。

dekki

客車の灯が、優しくあたりを照らす。

夜という時間は、実に不思議だ。ドラマチックなまでにその表情を変えていく・・・

2012年9月15日 津軽鉄道 上:津軽中里 下:津軽五所川原

[夜汽車・・・ 3]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/23(日) 23:37:43|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

夜汽車・・・ 2

yoruirekae

すっかり夜の帳が降りた津軽中里。ゴング式の踏切に迎えられ到着した夜汽車はほどなく機関車の入れ換えをはじめる。日中に行われる入れ換え作業とはまた趣が異なる情景が拡がった。ただ、安全を人間に目で確認しひとつひとつの真剣な動作はいつの時間も変わらない・・・。ただ、荘厳でより神々しく感じた。

nakazatoyoruhome

夜の静寂なホームに佇む・・・。

2012年9月15日 津軽鉄道 津軽中里(2枚とも)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/21(金) 23:51:36|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜汽車・・・

yogisyairekae

夜汽車・・・よぎしゃ・・・あたりが暗くなった頃、ふとそう言ってみると周りの暗さにしみこんでいくような・・・。そんな感じ。
夜汽車の走る日、編成を組成して入れ換えをする頃、空はまだ蒼く夕と夜の狭間の時間だった・・・。
それでも息を呑むようなシーンに出会った。さぁ、津軽の夜に夜汽車が走る・・・

2012年9月15日 津軽鉄道 津軽五所川原

[夜汽車・・・]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/19(水) 20:44:13|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

秋の気配

isikiribakosumosu

暑い日が続き永遠に夏が続くような錯覚に陥るが、感覚を研ぎ澄ますと小さいながら秋の気配を感じる・・・。
吹く風にふと感じるのが秋の気配。そして辺りを見回すとそれを実感できる。残暑に惑わされていたようだ。
気がつけば沿線には秋桜が咲き、稲刈り後の稻藁焼がはじまっていた・・・
小さな秋を全身に感じてシャッターを切った・・・

2012年9月11日 ひたちなか海浜鉄道湊線 金上-中根

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/19(水) 02:00:40|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

稲にかぶさる絹・・・

kumonosu

まだ刈られていない田圃の稲の上に被っているような白いもの・・・。なんか絹のように輝いている。
朝露とともに朝陽に白く輝いているのはクモの巣・・・。絹糸がかぶさっているようだ・・・。

でもクモさんのお家も、稲刈りと共になくなってしまうんだなぁ・・・

2012年9月11日 ひたちなか海浜鉄道湊線 中根-金上

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/14(金) 23:40:37|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

煌めく朝

asatuyu

中根の谷に霧が煙る朝、首を垂れる稲についた珠のような朝露が生まれたての太陽に照らされ宝石のように輝いていた。
眩しい光のシャワーとうっすら残る朝霧のヴェールを纏った清々しい朝だ・・・。

2012年9月11日 ひたちなか海浜鉄道湊線 中根-金上

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/11(火) 21:54:50|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

稲刈りがはじまった

mituimadc

茨城県南部の常総地区で稲刈りがはじまった。
まだ残暑が残る中、あちこちでコンバインの音が響いていた。稲藁の香りがほのかに漂っていた・・・。
まだ暑さは厳しいけど、ふと気がつくともうあたりは秋の風だ・・・。

2012年9月5日 関東鉄道常総線 南石下-三妻

[稲刈りがはじまった]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/06(木) 22:56:22|
  2. 関東鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゆく夏・・・

kurokodc

うだるような暑さと、わき上がる入道雲・・・。
ゆく夏を惜しむ・・・そんな夢を見たような気がした・・・。

2012年9月5日 関東鉄道常総線 黒子-太田鄕

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/05(水) 22:25:24|
  2. 関東鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

機回し

nakazatoirekae

客車列車は中里の駅に着くとすぐに機関車の入れ換えをはじめる。
車掌さんが機関車の脇に乗り見事なコンビネーションで行われる。駅の金木寄りの踏切は閉まりっぱなしになるがこの踏切がゴング式の踏切で、その音を聞きながらの入れ換え作業は見ていても本当に楽しい・・・。

最後は、人の目で安全を確認していく・・・。ふたりのコンビネーションに鉄道員の誇りを見たような気がした。

2012年8月6日 津軽鉄道 津軽中里

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/04(火) 23:51:44|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入れ換え

nahahuirekae

列車の入れ換え作業は見ていて飽きないものだ。それが機関車で行う客車や貨車の入れ換えだとなおさらである。
津軽鉄道の津軽五所川原駅と隣接する機関区はその佇まいとともに、こうした入れ換え作業をたまに見る事ができる。四種踏切を跨ぐので係員もより真剣だ。
まるでおもちゃ箱から飛び出してきたような編成、模型のレイアウトそのもののような機関区・・・。
津軽鉄道は素晴らしい鉄道情景の宝庫でもある・・・。

2010年9月18日 津軽鉄道 津軽五所川原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/03(月) 22:35:25|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北斗星憧憬・・・

doukeihokutosei

コンデジやケータイで写真を撮るでもなく、ただただ機関車をじっと見つめる少年・・・。
きらきらと輝く少年の目を釘付けにさせる魅力が北斗星にはあるんだろう。
君の輝く目には、この北斗星がどう映っていて、どんな想いを描いているのだろうか・・・。
かっこいいという憧れなのか、それともいつの日か来るだろう北斗星での旅立ちを夢見ているのか・・・。

自分も子どもの頃、東京や上野、赤羽にブルートレインや特急列車たちをよく見に行っ。たあの時のワクワク感は今も忘れない。その時の憧れや想いが今も続いているように思えた。

もしかしたらこの少年はあの頃の自分の姿なのか・・・、そんな事を考えていた。

2012年8月25日 東北本線 上野

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/02(日) 23:07:03|
  2. さすらいの美学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北斗星入線!

hokutoseiueno

夏休みの土曜日の朝、所用で東京へ行った。上野に着いて確か北斗星の到着が近いよなぁなんて思っていたが正確な時間は知らないというていたらく。ただ、カメラを持った親子連れが結構居たので「到着は近いだろうと思っていた。
待っていると「業務放送、とうさんばん、2レ接近」の放送。心が高ぶるのがわかる。いい歳をして・・・(笑)
ほどなくゆっくりと北斗星が姿を現した。ホームに滑り込んでいくと、「うえの~、うえの~、うえの~」の構内放送・・・。
機関車は変わってしまったが、ブルートレインの醸し出す旅情をしっかりと楽しんだ。
またブルートレインに乗って旅にでたいなぁ・・・

2012年8月25日 東北本線 上野

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/01(土) 22:56:12|
  2. さすらいの美学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する