さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

春本番へ

isikiribasakura

北関東もそめいよしのが終わり、山桜が満開。下の方はやや葉桜になってきた。あたりの田圃は徐々に水を入れはじめた。蛙の声も日に日に大きくなり、1日毎に景色が変わっていくような、春本番を迎えつつある。
ひたちなか海浜鉄道沿線がもっとも輝き美しい季節だ・・・。

2012年4月29日 ひたちなか海浜鉄道 中根-金上

[春本番へ]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/30(月) 00:47:58|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

北信濃の春 2

iiyamasakuira

未だ春浅き北信濃・・・。
桜の向こうは芽吹きはじめた木々・・・。後ろの山が笑うまでもう少し・・・。
小さな集落のはずれをとことこ走るローカル列車。もう数日で一気に景色も変わる。ライムグリーンの中を察そうと走るはずだ・・・。

2011年5月2日 飯山線 戸狩野沢温泉-上境

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/27(金) 23:04:34|
  2. 千曲川旅情 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北信濃の春

iiyamasen

北信濃の春は会津と同じ頃だろうか、その訪れは遅い。それでも春の足音が大きく聞こえて来ると、あっという間にやってくる。それも一気に・・・。雪国の春は、長く待ちわびた春だ・・・。
北信濃の遅い春を謳歌している花を見つけた。木々も芽吹きだした。ゆっくりとやってきた春が一気に加速して巡っていく・・・。

2011年5月2日 飯山線 戸狩野沢温泉-上境

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/26(木) 22:56:20|
  2. 千曲川旅情 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜の向こうに・・・

niiturutameike

新鶴の周辺には立派な1本桜が何本かある。僕はそんな1本桜が好きでよく桜の木の下でぼーっとしている。
夕陽を一杯に浴びた満開の桜の向こうに、小さく踏切の音が聞こえると小さくタイフォンをならして只見線のローカルがゆっくりと通過していく。あぁ、いいなぁ・・・。雲雀の声を聞きながら至福の時を過ごした・・・。

2009年4月19日 只見線 若宮-新鶴

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/25(水) 22:45:51|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜は咲いたか・・・

jizousakura

関東の桜はもうすっかり終わってしまい、桜前線は東北を北上中。そして山の上の方へ登っている最中のようだ。
さっき会津若松の鶴ヶ城の桜がけっこう咲いたという情報を見た。ここが満開になると新鶴の桜が満開になり、只見線沿いに奥会津を上がっていく・・・。
例年より5日から7日くrたい遅い春が奥会津にもようやくやってくる。そして桜が咲くと、山々が笑う春が一気にやってくる。その表情は1日でも変わってくるくらいだ・・・。

写真の桜はソメイヨシノとは違う種類のようだ。花の形は似ているけど色が少し濃い。ソメイヨシノと同じ頃か少し早く開花する。久しぶりにこの桜も眺めてみたいなぁ・・・

2009年4月19日 只見線 会津坂本-塔寺

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/24(火) 20:57:01|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通勤列車

umadate

牛久以南と違い、牛久から五井までは住宅も多く建ちその性格も変わってくる。五井から千葉、東京方面への通勤通学列車となる。
そうはいっても長閑なローカル色は否めない。木造駅舎、構内踏切、立派な桜・・・。そして菜の花の黄色いヴェールの向こうから通勤列車がやってきた。

2011年4月13日 小湊鉄道 馬立

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/23(月) 21:15:09|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜も終わり・・・

kiritoosi

桜が咲くのが遅かった年は散るのも早いという。まさに今年はその通りで、開花したと思ったらすぐに満開、そして散るのも早かったからか、ちょっと目論見が外れた西畑の切り通し・・・。
まだ元気な菜の花にピンを併せて、ボケた春を表してみた・・・ってただの言い訳かな?(笑)

それでも雰囲気は春爛漫・・・。心地よい風を身体一杯に浴び、鳥の声のシャワーを聞きながらのひとときは最高の時間だった・・・。

2012年4月15日 いすみ鉄道 総元-西畑


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/22(日) 22:06:08|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナモモが咲いた

hanamomo

桜が終わりかけのいすみ路を彷徨うと、ふとハナモモの木を見つけた。
白い清楚な花が、水の入った田圃を渡る風に揺られていた。こんな春も素敵だなぁ・・・。

2012年4月15日 いすみ鉄道 新田野-国吉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/21(土) 20:40:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田植えがはじまった・・・

taue52

房総半島真ん中あたりに桜の花が咲く頃、田圃に水が入りだす。
どこの田圃もまだ水が茶色く濁っている頃、既に田植えをはじめている田圃もある。早稲なんだろうか・・・。
房総半島は8月に稲刈りが行われる。そんなので植えるのも早いのだろうか?さぁ、田圃に表情が出る季節になってきた・・・。

2012年4月15日 いすみ鉄道 上総東-西大原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/19(木) 21:18:12|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薫風に吹かれて

kunpuu52

鳥の声、蛙の声を乗せて田圃を渡る風の香りを感じつつ、薫風に吹かれて列車が走る。
ライムグリーンの山が眩しい・・・。命の息吹を感じる季節だ・・・。

2011年4月28日 いすみ鉄道 上総東-西大原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/18(水) 22:39:51|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タンポポの春

dai2gonomatitanpopo

桜や菜の花ばかりが春じゃない・・・。そう言って己を主張しているかのようなタンポポの花を見つけると、ついうれしくなって地面に寝そべってしまう。タンポポと同じ目線になって列車を送った・・・。
こんな小さな春でも、心地よい風を一杯に浴びる気持ちよさは変わらない。

2011年4月11日 いすみ鉄道 国吉-上総中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/17(火) 22:42:45|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜の若木

azumahokora

い鉄沿線の桜は、若木が多いと思う。そういえば桜の大木っていうのをあまり見た事もない。だから年々桜の木が大きくなっていくのがわかる。写真の場所もそのひとつで、数年前は築堤下の桜はまだまだ小さくて線路の位置よりも低かった。今では足回りや車体の下の方も隠れてしまうほど・・・。西方の切り通しの桜も大きくなっているし、東総元の桜並木も数年前より大きく育っている。
年々大きくなる桜の木、そのうち桜の花で列車が見えなくなってしまうかもしれない。
そんな立派な桜を見るために、い鉄沿線の花見は毎年の恒例になっていくのだろう・・・

2011年4月14日 いすみ鉄道 上総東-西大原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/16(月) 22:42:15|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

別世界の空間

isigamihukan

房総半島の山間は常緑樹が多いからか、印象が地味なところが多い。そんな所に鮮やかな黄色で彩られた空間ができあがっていた。地味な色の中に現れた鮮やかな黄色い楽園は、鳥の視点から見ても素晴らしき桃源郷のように見えた。休耕田を利用して地元の方々が育ててくれた菜の花の楽園・・・。素晴らしい風景をありがとう、素晴らしい空間をありがとう。皆さんが作り上げた空間はみんなが笑顔で過ごす事ができる楽園になった・・・。
心より感謝の気持ちを込めて・・・

2012年4月10日 小湊鉄道 養老渓谷-上総大久保

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/15(日) 23:16:42|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いちめんのなのはな

isigamiwaido

菜の花が群生すると絵になるし詩にもなる・・・。
菜の花畑に入り日薄れ・・・
いちめんのなのはな、いちめんのなのはな、いちめんのなのはな、かすかなるぶぎぶえ・・・
どれもその情景が浮かんでくるような詩だ。
一面の菜の花を間の前で眺めつつ、ふとそんな詩を口ずさむ。
いちめんのなのはな・・・心なしかどこからか麦笛が聞こえてくるようだ・・・

2012年4月10日 小湊鉄道 上総大久保-養老渓谷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/14(土) 20:42:09|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

飯給の桜

itabuhirusakura

この日、飯給をはじめ、沿線の桜は満開を迎えた。2~3日前はまだまだ咲いたばかりといった感じだったが、前日の暖かさで一気に咲いたと聞いた。ミニパトも出現したこの日の飯給の喧噪は、新しく出来た世界一広いトイレの影響だけではなかったはずだ。そう、主役はトイレではなくやはり桜。この日は昼から夜まで大賑わい。モデル撮影会のような雰囲気に2本の桜も驚いた事だろう・・・。

去年、
ここの桜は上の方の枝は全く花がついていなかった。今年は上の枝もそうだけど、全体的にボリューム感があり咲き具合もとてもよく感じた。
まだまだいける飯給の桜、来年もその先も我々を楽しませてほしいものだ・・・

2012年4月10日 小湊鉄道 飯給

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/13(金) 21:54:35|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜の花がいっぱい・・・

isigaminanohana

菜の花がいっぱい咲いた。黄色い絨毯の如く・・・。
この場所は数年前から地元の方々が休耕田に菜の花を育てている。撮影地としては比較的新しい所だろう。
今年は昨年に比べて咲きがよく感じた。時期的な問題もあるのかもしれないけど、ボリューム感もあり黄色い菜の花が浮き上がって見えるほど・・・。

素晴らしい菜の花をありがとうございます。麗らかな春の日、菜の花を愛で、甘い香りを一杯に吸い込んで、ミツバチの羽音を聞きながら至福の時を過ごした・・・。

本当に菜の花がいっぱいだ・・・

2012年4月10日 小湊鉄道 上総大久保-養老渓谷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/12(木) 23:24:28|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飯給の夜桜

yozakura

昼間に飯給に来て、その人の多さに驚いた。「こりゃ、夜も・・・」
夕方に来て、まだ明るさが残っている時に数えたら、70人くらいいたから、ピークではもっといたんだろうなと思った。聞けば同業者(鉄ちゃん)より普段は鉄道を撮らない写真愛好家の方々が多いようだ。
和気藹々とのんびりと時を過ごした。暗くなるに従い蛙の声が大きくなってきた・・・。

自分が小湊の桜のライトアップにきたのは3年ぶり。月崎や大久保、里見や高滝でもやっているけど、やっぱり飯給の逆さ夜桜がダントツにきれいと思える。人が集まるってのは必ず意味がある。そりゃ静かにじっくりと撮りたいけど、こんな素晴らしい情景ならと今年もやってきたのだった。

駅をサイドから撮るところは既に満員。平日で1両ではうまく列車は収まらないし、斜めから構えていた。日も暮れて寒くなってきたし次ので帰ろうと思っていると、先に帰って最終列車と交換した友人から「最終は2両」との情報が・・・。「こりゃ最終までか・・・」
下り最終を斜めから後追いで赤いテールを入れて撮る。さすがにこの時点で半分以上の方が帰途につき、上り最終はサイドからお決まりの構図で撮った。なんと言われようといいものはいい!

yozakurasaido

撮影を終え、1日撮影していた心地よい疲れを感じつつ帰途についた。それでもやっぱり疲れが残るのは歳のせい・・・。遅くまで無茶もできない歳なんだけどなぁ・・・(笑)

飯給に限らず、小湊沿線の桜は月曜の暖かさで一気に満開近くにまでなったようだ。飯給の桜も満開になりたて。ボリューム感一杯の桜を楽しめた・・・。

2012年4月10日 小湊鉄道 飯給

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/11(水) 23:19:23|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜の道を往く

nittano52

見事なくらい桜が咲いた。桜と菜の花に囲まれて、小気味よく坂を登る・・・。
頸城や小谷の春とは違った、麗らかな房総の春は君の目にはどう写っているのだろうか。
春風駘蕩・・・。満開の桜の道を往く・・・。

2011年4月14日 いすみ鉄道 新田野-上総東

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/09(月) 22:14:16|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜の花の道を往く

52siunten

いすみ鉄道にキハ52がやってきて、試運転をはじめたのが去年の3月だか4月だったように思う。その1年前に大糸線で定期運用を離脱してから、夏に臨時で走って以来、キハ52125は新しい塗色を纏って貼るのいすみ路の菜の花の道を駈け抜けた。
休みと日程がうまく合わず、確か1日だけ出撃したんだっけなぁ・・・。
自分にとっては大糸線の糸魚川で送ってから13ヶ月ぶりの再開だった。カーブの向こうから姿を見せた瞬間は本当にうれしく感じた。試運転もHMも当時は・・・だったけど、こうしてみると貴重な記録となった。

今ではいすみ鉄道の顔となったキハ52125。これからも元気にいすみ路を駈け抜けてほしい・・・

2011年4月14日 いすみ鉄道 大多喜-城見ヶ丘

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/08(日) 23:11:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真展開催のお知らせ

この度、ひたちなか海浜鉄道湊線で4/29に開催される開業4周年記念祭に合わせて、4/28〜30、5/​3〜5に、那珂湊駅構内キハ203(タラコ色)車内において、写真展「鉄道写真家たちが見た情景」を開催する運びとなりました。

プロ写真家衣斐隆さんを中心にこの度立ち上げた鉄道写真家集団「Railway Graphic D.E.F.」及びおらが湊鐵道応援団写真部から、全部で17名のプロ・アマ写真家が結集、キハ20系の原型をとどめるボックスシートを一つずつ使って、各写真​家の拘る「テーマ」に沿った写真展示をいたします。

ゴールデンウイークは那珂湊駅周辺は大変な渋滞になるので、どうぞ湊線に乗って足をお運び頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

syasinten

私も末席ながら出展させていただける事になりました。ありがたいことです。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/08(日) 00:39:47|
  2. さすらいの美学
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

もうひとつのさよなら・・・

長野電鉄の屋代線が時刻表から消える日、もうひとつのさよならが北東北であった。
十和田観光電鉄・・・。地味な路線ではあるが三沢駅の佇まいは本当にいい雰囲気だった。
聞けば東北新幹線の延長で人の流れが変わったとか・・・。東京に出るのに三沢まで出て八戸から新幹線に乗るというパターンが、七戸十和田へ車やバスで行って新幹線といった流れになったらしい。七戸十和田駅の駐車場は無料らしいし・・・。新幹線の延伸が裏目に出てしまった例なんだろうか。

自分は十鉄には何回も行っていない。せめて満開の桜をバックに走る旧型車が撮りたかった・・・。心からそう思う・・・。

toutetunarabi

七百にある変電所・・・。この重厚な施設ももう役目を終えた・・・

sitihyakuhendensyo

十和田観光鉄道 七百車庫(上) 七百変電所(下) いずれも許可を得て撮影

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/05(木) 21:49:06|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後・・・

松代で2000系を送った後、最終列車を信濃川田で送ろうと向かった。
信濃川田は定期列車の最終列車を送るべく、地元の方々が提灯を持って大勢の方々が待っていた。列車はかなり遅れていた。普段は2両の列車は5両に増結されていたが、満員。地元の方々が驚いて歓声を上げていたのが印象的だった。

kawadasaisyu

満員の列車はほんの少し停車した後、いつものように発車していった。定期列車の最後。これでここから列車に乗って移動することはもうできない・・・。
この後、駅前で記念撮影したり過ごした。この後の団臨を待つ人が少し残った。最終列車の後に本当に最後となる列車は2000系D編成で、ほどなく遠くの踏切が鳴った。最後の踏切の音なんだろう。列車は静かに入線。運転停車をしてすぐに発車していった。さっきの定期列車よりも静かに発車していった。

ringolast

遠ざかる列車の後ろ姿を、自分はファインダーから目を外して見送った。闇の中にどんどん小さくなる2000系を目で追った。「あぁ、本当に最後なのか・・・」と声を出すと、ピーッと甲高いホイッスルが闇に轟いた。長く、2回も・・・。それは、本当はまだまだ走りたいんだ・・・と泣く2000系の叫びに聞こえた。
「あぁ。リンゴ特急が泣いている・・・」そうつぶやくと、この日初めて自分の視界が滲んで見えた・・・。

2012年3月31日 長野電鉄屋代線 信濃川田(2枚とも) 

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/04(水) 22:45:13|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松代狂想曲

matusiro2

31日、最後の日は2000系が最後の屋代線を走るようなんで、こうなる事はわかっていたんだけどね。
それでも3年くらい追いかけていた2000系の最後だし、夜の松代での光景は撮っておきたかった。イメージはしていたカットから、人の姿は全く無かったんだけど・・・(笑)
構内踏切から撮りたかったがごった返す駅で意気消沈し、ちょっと須坂よりの駐車場から構えた。こちらはあまり人はおらず静かに待つ事が出来た・・・。
すでにこの後の最終の須坂行の定期列車に乗る人でホームは一杯。そんななか、ゆっくりと2000系が入線してきた。踏切が開く直前に撮る。遮断機が上がればこういうことになるだろうと思っていたし・・・。ただ、これが最後の日という現実なんだ。静かに送るなんていうのは今の時代、ありえないんだよな・・・。と思いつつシャッターを押していた。交換の須坂行が入線すると又遮断機が下がりローカルと並んだ後、ゆっくりと屋代へ向かっていった・・・。
最後の2000系の勇姿をしっかりと目に焼き付けた・・・。

2012年3月31日 長野電鉄屋代線 松代

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/03(火) 20:29:26|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さな春に送られて・・・

tiisanaharu

屋代線と同じ日に最後の日を迎える2000系も最後の日が近づくと何往復か定期列車の運用に入っていた。
信州の遅い春では、リンゴや桃、桜咲く春を走る事はもう適わない事だと感じていた。まして今年は春も遅く、春の風景の中を走る事もできないんだなぁと思っていた。そんな中、ふと足下を見ると小さな花がひっそりと咲いていた。小さな小さな春がそっとリンゴ特急を送っていった。

小さな春だけど、間に合った・・・。

2012年3月27日 長野電鉄長野線 附属中学前-朝陽

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/02(月) 21:48:08|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松代駅の夜

matusiro

ようやくイメージ通りに撮れたような気がする。松代駅はやっぱり夜の静寂な中が似合うように思う。
真島先生の写真を見て、そこに写る駅の神々しいまでの美しさに惹かれた。そしてその駅が松代駅と聞いて何回か訪れたものだった。でも長野に来てもメインは2000系ばかりで夕方や夜は温泉入って帰るとかどこかの呑み屋で一杯やっているというパターンが多かった。なくなると聞いてようやく尻に日が着いた感じだ。典型的な葬式鉄・・・。
その後何回か訪れ、駐車場から撮ったりしたがやはり構内踏切から撮るのが一番いい雰囲気になると思ったが、交換する18時台、19時台では撮れない。撮るなら20時以降の屋代行と判断した。
昼間に2000系の定期運用を撮って、小布施で温泉に入って松代へ向かった。
廃止となる4日前というのに同業者は3~4人だった。撮り終わって、こうやって撮るのも最後かと思うと、急に寂しさを感じた。真島先生の愛した駅が消えていく・・・。しばらく呆然と立っていた・・・。

3月31日、長野電鉄屋代線。90年の歴史に終止符を打った・・・。

2012年3月27日 長野電鉄屋代線 松代

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/01(日) 23:12:41|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する