さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

浅間山遙か

asamayama

埼玉県といっても群馬県との県境に近いこのあたりは、よく見ると周りに上州や那須の山々が遠くに見る事ができる。その中でひときわ大きく堂々たる山容を見せているのが浅間山だ。
母親がこの地にはじめて来てこの山を見て「あら富士山が見える・・・」と言ったという。同じ独立峰だからか、確かにぱっと見、富士山に見えなくもない。堂々としかも気高くそびえる浅間山だ・・・。

2011年1月3日 八高線 丹荘-群馬藤岡
 

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/27(月) 21:01:58|
  2. ローカル線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蒼く染まる・・・

higasirokusen

日が射さなかった夕暮れの大地が蒼く染まる時間・・・。
そうでなくても冷たい空気の中に立っているというのに、何故かもっと寒々と感じる。
蒼い時間は緯度が高くなるにしたがい美しくなっていくと思っている。イメージでそう感じているのか、本当にそうなのか、実はよくわからないんだけど・・・。

2011年2月 宗谷本線 和寒-東六線

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/26(日) 21:45:24|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金の縁取り

asahitameike

あの雲がなければ・・・。きっとサンライトシャワーを一杯に浴びて駈け抜ける姿を見ることができたのだろう。
でも、この日の雲はなんとなく表情があった。太陽がすぐそばまできているのは、雲の縁取りが金色に輝いているのがわかる・・・。

列車がやってきたけど、ごめん、主役は空と雲。露出をそちらにあわせた・・・

2012年2月20日 ひたちなか海浜鉄道 中根-金上

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/25(土) 22:38:07|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

晴れのち嵐

oominatohare

津軽では見れなかった青空が対岸のここでは大きく広がり、海も凪ていた。信じられない光景を目の当たりにして雪の白と海の蒼のコントラストを楽しんでいた。下り列車が雪冤を上げて駈け抜けていった・・・。
この列車が大湊まで行って戻ってくるまでこの場所にいてどんな風景を切り取ろうか歩き回っていた。
後撃ちだと大きな風車群が見えるが、とっと絡めるのはきついかな?とか・・・。
しばらくそんなことをしていると、対岸の津軽の方向から黒いといった表現がぴったりの怪しい雲がみるみる広がってくると、あっという間に雪が舞ってきた。海や風車は完全にホワイトアウト。風がみるみる強くなり立っているのも厳しいくらいに・・・。
風と波の音だけが轟いているこの場所で列車を待った。それも凄いとは思うが上りの列車がほぼ定刻でやってきたのも驚いた・・・。

oominatohubuki

このあと、風は益々強くなり、この列車を最後にもう来なかった・・・。
それにしても本当にあっという間というのがぴったりのようにみるみる天気が豹変した・・・。

2011年1月 大湊線 有戸-吹越

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/22(水) 23:02:23|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜明け前

kagennotuki

春はあけぼの、ようよう白くなりゆく山際、白く明かりて・・・
時は春ではなく、冬であるが荘厳な夜明けの光景に変わりはない。蒼い空が少しずつ白くなり、やがてあと少しで登るであろう太陽の接近を告げるような茜色・・・。そんなグラデーションの美しさが寒さを忘れる・・・。

下弦の月が浮かぶ、神々しいまでの夜明け前の空だ・・・

2012年2月20日 ひたちなか海浜鉄道 金上-中根

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/21(火) 17:07:44|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

地吹雪

kasejifubuki

津軽で地吹雪にさらされると、痛いとか寒いとかというか、時々「怖い」という感情がわくことがある。
車で走っていてもすぐ前が見えなくなったり、撮影の為に線路際にいてもホワイトアウトでどこにいるのかがわからなくなったり・・・。会津平の地吹雪も凄いけど、実際津軽平野でさらされた地吹雪は本当に怖いとも思った。
それでも地吹雪ツアーなんていうのも実施されるように、逆手をとって観光の目玉にもしている。そういう現地での体験型ツアーも結構売れているという。
この日は雪原を這うような地吹雪が吹き荒れた。立っていられないくらいの風だったが、津軽鉄道のメロスはほぼ定刻でやってきたのは実に頼もしく見えた。
もし遅れていたら撮影断念だったかもしれなかったし・・・(笑)

2011年1月 津軽鉄道 嘉瀬-金木

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/17(金) 22:43:59|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕暮れを往く

isozakiyuukei

磯崎の芋畑の夕陽ポイント。
朝こそ雲にやられたけど、よくぞここまで晴れてくれた・・・。
夕暮れを往くキハ205、窓抜きをやって慌てて振り返ると、後ろの面が妖しく輝いた・・・。

2012年2月12日 ひたちなか海浜鉄道 平磯-磯崎

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/16(木) 22:55:13|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

平磯の集落を臨む

hiraisohukan

遠く海を臨む築堤を走る湊線。なんだか懐かしいような光景を見る事ができる。
ここの丘に登って感じた懐かしさ・・・。子供の頃に連れてきてもらった海水浴の時に見たような光景だ・・・。
急行ときわに乗って常陸多賀で降りたんだっけ・・・。あの河原子の集落の印象に似ているような気がした。
常陸の海岸の懐かしくそして優しさを感じる佇まい・・・。なんか本当にホッとする・・・。

2012年2月11日 ひたちなか海浜鉄道 磯崎-平磯

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/15(水) 22:07:03|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川間の夕景

kawamayuugata

小湊鉄道を撮影していると、上総川間で締める事が多いのは、ここの夕景の素晴らしさに惹かれての事だと思う。田圃の真ん中にぽつんとある小さな駅は四季折々の情景を見せてくれる。その光景が茜色に染まる様は本当に素晴らしいと感じる。夕暮れの静かなひととき、列車待ちの間は犬の散歩の人が多く一言二言の会話がいつも癒してくれる。
夕焼け小焼けで日が暮れて、山のお寺の鐘がなる・・・♪
なんとなくそんな唄を口ずさんでしまう自分に気がつく。さぁ、カラスと一緒に帰りましょう・・・

2012年2月4日 小湊鉄道 上総川間

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/14(火) 22:33:30|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朝陽に向かって

yamazakuraasa

太陽は昇るとあっという間に高くなっていく。
まだ茜色が残る朝陽に向かってキハの重連が駈け抜ける・・・。

2012年2月10日 ひたちなか海浜鉄道 金上-中根

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/13(月) 22:52:25|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キハ222

kiha222

久しぶりにキハ222の元気な姿を見た。旧羽幌炭鉱鉄道の車で唯一旋回窓を持つ好きな車両だ。
この日は朝の重連運用についた。勝田寄りについたので下り列車も後撃ちで・・・。
そして何よりこの車両、昨年夏のチャリティー写真展の舞台になった車両だ。その後のいろいろな考え方が変わり、素晴らしい出会いのあった写真展。確か自分の作品は後ろから2番目か3番目の窓のあたりにあったっけ・・・。そんな事も考えつつシャッターを押した。

いつまでも元気に走ってほしものです。

2012年2月10日 ひたちなか海浜鉄道 金上-中根

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/11(土) 22:25:12|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朝陽に浮かぶ・・・

girari

ある写真を見て、こんなの撮りたいと思って今日の用事の前にちょっと寄り道。
指南していただいたのは、このあたりは庭の如く撮影をしているおらが湊鉄道応援団のFさん。湊線の歳時記から光の具合が日の単位で案内してくれる。湊線にこだわって撮り続けていく姿勢は本当に頭が下がる思いであるとともに、通う、みつめ続けるという大切さを思い出させてくれるようだ・・・。
今日はお世話になりました・・・。
典型的な日の丸写真。ついつい興奮しちゃって・・・(笑) ウデの無さを大いに反省・・・

生まれたての太陽の光を目一杯浴びて、湊線のキハがゆっくりと駈けていく・・・。景色から浮かび上がっているようだ・・・。

2012年2月10日 ひたちなか海浜鉄道 中根-金上


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/10(金) 20:29:24|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

霜が降りた朝

turumaiasahi

一面の冬の田圃が真っ白になるくらいの霜が降りた冷え込んだ朝。丘から太陽が顔を出すと、真っ白な田圃がほんのりオレンジ色に染まった・・・。
一気に暖かくなったように感じた。太陽のありがたみなんだろう・・・。

2012年2月4日 小湊鉄道 上総鶴舞-上総久保

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/09(木) 21:38:34|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒼天の下

gonomatikareno

冬晴れの、正に蒼天といった空の下をキハ52が颯爽と駈け抜ける・・・。

2012年2月4日 いすみ鉄道 国吉-上総中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/08(水) 22:50:13|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

望海・・・

ooharahukan

大原は伊勢エビの水揚げが日本一と聞く。意外なところでの日本一、そう、いすみの町は海の街だ・・・。
いすみ鉄道は海の街の大原から内陸へ向かうからか、あまり海のイメージがないけど探せばあるんだなぁと感じた。蒼い太平洋と大原の町並みが箱庭のようだ・・・。

列車は・・・ウォーリーを探せ状態ですが、しっかり写ってますよ(笑)

2012年2月4日 いすみ鉄道 大原-西大原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/05(日) 19:11:05|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春・一輪

haruitirin

色の無い冬枯れの風景の中、ふと足下を見ると一輪の菜の花がひっそりと早い春を告げていた・・・。
「あ、菜の花・・・」思わず声を出して同じ目線になって列車を待った。
この日、北日本はまだまだ激しい寒波で大雪が降っているというのが信じられない光景だ・・・。寒くてしょうがない日々が続いているが、意外と春はすぐそこにいるのかもしれない・・・。そんな風に思った今日は立春だった。

2012年2月4日 いすみ鉄道 上総東-西大原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/04(土) 23:06:46|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しんしんと・・・

dai4saido

1月の中旬に奥会津を訪れたとき、雪は降っているけど例年より積雪は少なくていいよ・・・と聞いた。その後、雪は降り続き、本日現在でアメダスでは金山で172cm、只見で212cmに達した。しんしんと降る雪はあっという間に積もっていく。恐ろしいと思うくらいに・・・。
雪は少ないに越した事はない・・・。奥会津でよく聞く言葉だ。それは自分のようなツーリストにはわからない苦労があるはずだ。13年おつきあいさせて頂き、ようやくほんの少しだけわかったような気もする・・・。そう、ほんの少し・・・。ツーリストの勝手な感傷なのかもしれないけど・・・。

2012年1月28日 只見線 会津水沼-会津中川


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/02(木) 22:47:43|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

凍てつく水面

hyouketu

強風の為か列車は結構遅れていた。すぐ来ると思い手袋もせずに待っていたが、風は強く冷たく痛いくらい。橋のすぐにトンネルになっているのでいつ列車が来るかわからないのが辛かった。そして手の感覚がなくなってきたなぁと思う頃、列車が通過した。会津の冬はやはり恐るべし!一部だが凍てつく水面が物語っているようだ・・・。

2012年1月29日 会津鉄道 湯野上温泉-芦ノ牧温泉南

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/01(水) 21:08:27|
  2. 会津鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する